1月 12

未だにメインのメールクライアントとして、Mac の Carbon Emacs 上で Mew を使い続けていたりします。しかも、多くの elisp ライブラリ(?) は Carbon Emacs パッケージのものを使っているのですが、なぜだか Mew はソースコードから最新版を追いかけております。
これまで、Mew のソースコードは CVS で管理されていましたが、先日より git で管理されるようになりました。

[mew-dist 29084] github

具体的な使い方は、Mew の最新版を追いかけるに記されていますし、困ることはないはずなのです。が、Mac OS X では、cvs コマンドは /usr/bin/cvs に存在しますが、git コマンドは標準では用意されていません。

仕方ないので、MacPorts から git をインストールしてみました。MacPorts はすでに導入していますので、

% sudo port install git-core

だけでインストール完了のはず。

未だに tcsh を使っている私は、

% rehash
% which git
/opt/local/bin/git

で、無事インストールできたことを確認しておきました。

これで今まで通り、Mew の最新版を追いかける用意ができました。

関連記事

 
Posted: 1月 12日 2010 at 0:04 2,071 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload