5月 30

競馬の祭典ダービーですね。

まずは皐月賞1,2着のアンライバルドトライアンフマーチ。当然のようにここでも中心視なのでしょう。
アンラインバルドは急名乗り代わりがあった京都2歳S以外は負け知らず。父、兄ともダービー馬なのですから、距離の不安もないでしょう。外枠も皐月賞で経験済み。死角なしといったところでしょうか。
トライアンフマーチもダンシングブレーヴを父に持つ桜花賞馬の母にダービー馬の父をかけているわけですから、距離の不安はないように思います。皐月賞場で見せた末脚は、ここでいっそう光るのかもしれません。
その皐月賞で3着だった2歳王者セイウンワンダー。上記2頭と比べると距離に不安がないわけではありませんが、決してこなせないというほどでもないでしょう。新潟で左回りを経験していることが上記2頭と比較した上での利点でしょうか。

で、その皐月賞で1番人気を裏切ったロジユニヴァース。馬体が回復していれば、まだまだ見限るのは早計なのかもしれません。ただ、皐月賞時にも気になったのですが、この馬は間隔をあけなければダメなのではないかと。まぁ、今回も押さえ程度にしておきます。

他路線組みでは、青葉賞を勝ったアプレザンレーヴ。府中の 2400m を経験していることは強みですし、その末脚は信頼できそうです。
青葉賞2着のマッハヴェロシティも先行すれば相手なりに走りそうです。複勝圏内であれば十分可能性がありそうです。

他では、休み明けを叩いて上昇が見込めるナカヤマフェスタNHKマイルカップ勝ちのジョーカプチーノ
ナカヤマフェスタは名前は「中山」ですが、東京スポーツ杯2歳Sで府中のコースを経験していますし、前走の皐月賞よりも前進できそうです。
ジョーカプチーノは一気の距離延長が不安視されているようですが、父マンハッタンカフェ、母父フサイチコンコルドの血統からすれば 2400m も大丈夫ではないかと思います。

と、ここまで書いて前日オッズを見てみると、トライアンフマーチが思ったより人気がないようです。アンライバルドとの馬連でも13倍つくのですから、この馬を軸にした馬連あたりが面白いかもしれません。
後はマッハヴェロシティがかなりの人気薄。この馬からならワイドでも割に合いそうです。

最後にもう1頭気になる馬をあげると、アントニオバローズ。2週続けての角田 & 「バローズ」ですが、枠もいいですし先行すれば何とかなるかもしれません。ただ、前走でもそうだったようですが、早めに抜け出して押し切るまでは難しそうです。脚の使いどころが嵌れば十分圏内でしょう。

関連記事

 
Posted: 5月 30日 2009 at 23:57 3,044 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload