3月 29

開幕戦はマエケンの好投で完勝、2戦目はチェンに手も足も出ず完敗。そして迎えた3戦目、何とか勝ち越して地元に戻ってきて欲しいとテレビ観戦。
で、どちらのチームも草野球。相手のミスで点を貰って、勝って下さいといわれているとしか思えないのに、きっちりお返しをするところなど昨年から何も変わっていません。
そんなクソゲームの中での救いは建さんと前田が仕事をしてくれたことくらい。

ヒューバーはもういいでしょう。新外国人ですし、長い目で見てあげたい気もしないではないのですが、打てない、守れないでは。5回の1死満塁、押せ押せの場面できっちりゲッツー。6回には見事としか言いようのないエラー。
長打に期待したいのであれば、内野守備を見れなかったフィリップスでも残しておいた方が良かったような。現状なら、小窪サード・栗原ファーストで良いじゃん。オープン戦でもそれなりの結果を出した小窪を使わない理由がわかりません。
永川もあれではただのバッティングピッチャー。140キロ程度のストレートと、カーブのようなフォークだけ。打って下さいと言わんばかりの投球です。東出のエラーとか同情する材料もないわけではありませんが、あの投球内容ではどちらにしてもダメダメ。タイムリーエラーとかじゃないのですから、そこを何とかするのが抑えってものでしょう。かつての永川のフォークはわかっていても打たれない感じがしましたが、昨年あたりからはカーブもどき。永川劇場の内容も変わってきました。しばらく2軍で調整した方が良いかもしれません。
総じて CARP 投手陣が、やたら2ストライクから打たれるのも気になります。どうして追い込んでからこんなに苦しまなければならないのかと。石原のリードのせいだけとは言いませんが、「結局最後は外角」と相手に思われているように感じられて仕方ありません。リードなら倉、バッティングなら會澤翼に期待したいのですけどね。石原もキャッチングはさすがと思わせることもありますが、それだけではね。

で、一番の問題はベンチかもしれません。
篠田が早々と崩れてしまったので仕方ないと言われるかもしれませんが、継投にも疑問。5回から横山を出して、どうつないでいくつもりだったのでしょう?
誰かに2イニング投げさせるのであれば、建さんが一番適任だったのではないかと思っていたのですが、キャンプから出遅れていた横山に2イニング投げさせようとするあたり何を考えているのかと。長谷川あたりを入れとけば良かったのにと思わずにはいられません。
左の代打は豊富なのに、右の代打となると使われていない小窪くらい。開幕3連戦は次のカードの先発投手を登録していないため普段よりも自由度が高いはずなのに、長いイニングを投げることが出来るリリーフ投手もいない、右の代打もいない。調子良い選手を選んだと言いたいのかもしれませんが、勝つためを考えてチーム編成を考えているのかと。木村と松本といった「かぶる」選手を入れておくより、もっと考えるべきことはあるでしょう。

あぁ、開幕早々こんなことは書きたくなかった。
明日の地元開幕戦までに気持ちを入れ替えないと・・・
私自身も含めてですけど。

関連記事

 
Posted: 3月 29日 2010 at 0:25 4,101 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload