5月 12

SONY が世界最小のデジタル一眼カメラを正式に発表しました。NEX-5NEX-3 の2機種です。NEX-5 が6月3日、NEX-3 が6月10日発売予定とのこと。

NEX-5 の方が上位機種という位置づけなのでしょうが、機能面の違いは動画関係くらい。NEX-5 の方が、より小さく、より軽いたいったところです。

APS-C サイズのセンサーを搭載しながらマイクロフォーサーズ機よりも小さく、軽いわけですが、サイバーショットの上位機種ではなく、あくまで α 系列のカメラという位置づけだそうです。
しかし、レンズマウントは既存の α とは違い、「Eマウント」 と呼ばれるもの。α では、ボディ内手ブレ補正でしたが、こちらはレンズ内。既存の α レンズを装着するマウントアダプタは用意されていますが、AF は不可。そうなると、レンズのラインナップに期待したくなります。ボディと同時に発売されるのは、16mm F2.8 と 18-55mm F3.5-5.6 OSS のみ。秋には 18-200mm F3.5-6.3 OSS が発売されるそうですし、16mm F2.8 に装着する「フィッシュアイコンバーター」「ウルトラワイドコンバーター」もありますが、今後に期待といったところでしょう。まぁ、スタートとしてはこんなものかと。

ミラーレス機の可能性を感じさせるブツではありますが、DMC-GF1 を購入した身としては、華麗にスルーですね。

ところで、「Eマウント」なんですが、今秋発売予定の「レンズ交換式ビデオカメラ」にも採用されるのだとか。

動画にはあまり興味を持てない私ですが、これはこれで面白そうです。

関連記事

 
Posted: 5月 12日 2010 at 0:12 3,747 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload