7月 07

昨日流れたニュースですが、「NTTドコモの山田隆持社長は6日、日本経済新聞の取材に応じ、2011年4月以降に出荷するすべての携帯端末について、特定の通信会社でしか使えないように制限している「SIMロック」を解除できるようにすると明らかにした。」そうです。

SoftBank の SIM が docomo の端末で使えるようになるかも知れないというだけのことですから、これだけではたいした話ではなさそうです。そんなことを望む人がどれだけいる事やら。
先日行った地下にあるお店、入り口には「ケータイ OK」と書かれていましたが、私の iPhone は圏外。docomo、au は OK。これが現実だったりするわけです。

で、各社の報道を見ると、来年4月以降に出荷する端末に「SIM ロックを解除できる機能を搭載する」ということのようです。これって、無条件に SIM ロックが解除されるわけではないということですよね。無条件に解除するのであれば、そもそも最初から「SIM ロック」をかけなければ良いだけの話ですから。勿論、docomo にはそんな気はなさそうです。
SIM 無し端末とこれまでよりも安価な料金プランの SIM を提供でもするのであれば、「公正な競争」と言う資格もあるのでしょうけど。
要するに、アドバルーンを上げただけって感じがしてます。私、何か誤解してますかね?

対する SoftBank は相変わらず SIM ロック解除に否定的です。まぁ、現在の状況であれば、当然と言えば当然でしょう。iPhone ユーザなどが流出するだけですものね。

「SIM フリー」であれば歓迎しないでもないのですが、「SIM ロック解除」なんて私たち利用者の利便性が大きく変わることはないと思ったりします。

関連記事

 
Posted: 7月 7日 2010 at 5:22 1,967 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload