7月 20

4試合連続完封負けとか、現実にはありえないと希望的観測で思っていたのですが、あっさりと実現されてしましました。他にも、記録が「達成」されたようですね。。71年ぶりに、被安打0の先発が負け投手とか・・・ えーと、1939年の話?
あぁ、完封ってこんなに簡単なものなんだと、相手チームは思っていたりして・・・

もう、個々の選手が云々とかいう話ではないように感じます。戦う集団になってないように感じます。ベンチにいる選手の顔をテレビ越しに見ていても、とても期待ができそうな顔つきをしていません。その中でも際だってブスッとしているのが監督だったりするわけですから、救いようがないですね。折角の青年監督なのですから、ベンチでブスッとしているよりも、かつての古葉監督のようにコーチャーズボックスに立ってみるとか、そういった姿勢を見てみたかったのですけどね。
しかも、采配は放棄。昨日も、2点ビハインドの9回に松本高明をそのまま打席に立たせるとか。理解を超えているとかいうレベルじゃないですね。思考停止している、固まっている、ということなのでしょう。もし、思考停止もしていないのであれば、もっと救い難いですけどね。

そして、どうしてこうまで選手が次々と壊れていくのか。昨日もジオが右肩に違和感ということで5回途中被安打0で降板。
いろんな要因があるのでしょうが、ここまで来れば単なる偶然で済ませるわけにはいかないですよね。強かった頃の CARP が練習で自信を付けていたという意見もあるようです。それはそうでしょうし、CARP の伝統でもあるでしょう。練習を全面否定している人もいないでしょう。
ただね、意味のない練習はプラスにならないことは理解して欲しいものです。例えば、キャンプ中にリリーフを担うであろう横山に走塁練習をさせるとか。こういった練習がなぜ必要なのかを、選手自身に伝えているのであれば問題ないと思うのですが、しっかり伝えられていたのでしょうかね? 少なくとも私はその意味を想像すらできないわけです。「必要だから必要なんだ!」「これが CARP の伝統なんだ!」だけなら、精神論と言われても仕方ないと思うのですけどね。

あの監督、即刻更迭して貰いたいところですが、監督以上に無能なオーナーが既に長期政権を匂わせているわけですから、そうも行かない事情もあるのでしょう。でしたら、自ら辞任でどうですか。采配などを見ていると、そこまでの決断力もないようですので、せめて、せめて、休養をお願いします。

と言うわけで、球団公式にメール送ってみました。まぁ、取り上げられる可能性は0に近いものでしょうが、こんなところや Twitter などで「あーだ、こーだ」といっているよりはマシかなと。

関連記事

 
Posted: 7月 20日 2010 at 0:26 3,126 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload