8月 25

世界初のデータ通信MVNO|日本通信株式会社が、talking b-microSIMb-microSIM U300 を明日から発売するそうですね。要するに、docomo 網で iPhone 4 を使える microSIM なのだそうですね。
月額 6,000円超でデータと音声が使える microSIM と、2,500円程度でデータ通信だけができる microSIM を提供するって話です。

iPhone が docomo 網で使えると言うことは魅力的なのですが、勿論、SIM フリーの iPhone 4 が必要になります。日本国内ではなかなか手に入らない端末ですし、個人輸入などの方法で端末を手に入れる必要があります。
例えば、Amazon.co.jp で取り扱われている Apple iPhone 4 32GB SIMフリー版 香港正規品は、148,800円もしてしまうわけです。これはさすがに高すぎるのかとも思いますが、個人輸入するとしてもそれなりの金額はかかるでしょう。個人輸入故のリスクもありますし。
で、これまでの例からいって iPhone の賞味期限は1年ほど。6万円で SIM フリー iPhone 4 が手に入るとしても、音声通話もするとすると、月1万を超えてしまうわけです。

SoftBank 網が情けないことはその通りなのですが、そこまでの投資をしてまで docomo 網で使いたいと思うものなのでしょうか。多分、i-mode は勿論のこと MMS も使えないことでしょうし。
仮に、SoftBank なり Apple なりが、SIM フリーの iPhone を提供するって事になったとしても、それなりの価格になるでしょう。だって、iPod touch 32GB でも ¥29,800 ですもの。

ま、SIM フリーに可能性を感じないわけではありませんが、私は SoftBank でいいですね。エリアの問題でさほど困っているわけではありませんし、保障問題とか考えるととても手は出せません。現段階での、私の個人的な判断ですけど。

関連記事

 
Posted: 8月 25日 2010 at 0:12 2,720 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload