11月 19

官房長官仙石の発言がいろいろと話題を振りまいていますが、昨日の「自衛隊は暴力装置」発言に関して言えば、なぜ批判されているのかわかりません。

仙谷氏、自衛隊は「暴力装置だ」発言 自民の抗議で直後に撤回し「謝罪する」 – MSN産経ニュース
「非常に残念」「いい気持ちしない」「むなしい」 仙谷氏「暴力装置」発言で自衛官から失望の声 – MSN産経ニュース
「暴力装置」発言は「仙谷氏の本音」田母神俊雄氏 – MSN産経ニュース

「暴力」「装置」ではなくて、「暴力装置」なのですけどねぇ。「暴力装置」という言葉の意味を知らない人たちが批判しているのでしょうねぇ。マックス・ヴェーバーって、マルクス主義的な左翼ではないと思うのですけどねぇ。いや、ホント、レベル下がったのかなぁ。
「実力組織と言い換える。自衛隊の皆さんには謝罪する」という言葉の方が、失礼だと思いますけどねぇ。自衛隊の皆さんは「暴力装置」という言葉の意味さえ知らない方たちだって言っているようなものですからねぇ。

ま、自衛隊が軍隊であると取られかねない発言であるとか、国会という場では誤解を与えるかもしれないという意味での批判であればわからないでもないのですけど・・・
憲法上、日本には「軍隊」は存在しないことになっています。それ故、日本政府の見解は軍隊ではないということなのでしょうが、実際には紛う事なき軍隊ですけどね。

関連記事

 
Posted: 11月 19日 2010 at 6:42 1,732 views   

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload