4月 16

昨日は地元開幕戦でした。観戦に飢えていた私は、勿論球場へ。仕事の都合でマツダスタジアムに到着した時点では、既に3点のビハインド。こりゃどうなるかと思っていたのですが。

相手の先発は話題の新人、澤村。

噂通り、いい球投げてました。

一方のカープはソリアーノ。

初回の3失点以降はこちらも0行進。及第点を与えても良い投球でした。今日から一旦2軍に行くことになるのでしょうが、ジオ、バリントンとの併用で先発の一角を埋めてくれそうです。
その後をつないだ新人岩見。

ランナーを出しながらのヒヤヒヤもののマウンドでしたが、なんとか2回を無失点。こういった試合での貴重な中継ぎとしてがんばって欲しいものです。
1点差に迫った8回には豊田をはさんで青木。

毎年大幅にフォームが変わっていく青木ですが、今シーズン既に3試合目の登板です。先が思い遣られます。
最後のサファテは1失点しましたが、投手陣は全般的にがんばったと言える内容でした。

一方の攻撃陣。こちらも良く粘りました。最終回の同点劇は、

タクローの粘りの四球から生まれたものです。梵のタイムリーも素晴らしかったですし、赤松の盗塁、走塁も見逃せません。最後に東出のあたりが落ちていれば、なお良かったのですけど。
引き分けで終わったとはいえ、野球観戦としては非常に楽しめた試合でした。7回、8回、9回といい攻撃を見せてくれましたものね。

ただ、そこに水をさすのがベンチ。結果論かもしれませんが、トレーシーに代走を送っていればと思わずにおれません。直後の守備からはタクローに変えていたわけですし、あの時点で代走がいなかったわけではありませんし。

まぁ、「時間はストップウオッチで常に計っている。9回を終わって次は誰が(マウンドへ)行くんだと聞いたら、高コーチに終わってますよと、笑われたよ」というくらいの監督ですから、まともな選手起用を期待する方が無理ですかね。ルールを理解できていないのは相変わらずですが、指揮官として「誰が行くんだ」という言葉はありえないでしょ。せめて「誰が準備できているんだ」くらいでお願いしたいものです。既に野村には選手起用の実権がないという解釈もありますが、それならばかつての選手野村のように、先頭に立ってチームを鼓舞してもらいたいですね。ベンチの奥で苦虫潰しているのではなくて。

ところで、電子版を始めた中国新聞ですが、カープ情報 – 中国新聞が寂しすぎます。
新聞社としての経営環境が厳しくなることはわからないでもないのですが、地元紙として、もう少しなんとかならないものかと。こういった姿勢が、一層の新聞離れを招くのではないかと危惧してしまうのですけどねぇ。

関連記事

 
Posted: 4月 16日 2011 at 8:27 2,949 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload