5月 23

iPhone で IMAPS のメールをプッシュで受けるために使わせてもらっている IMAProwl。自宅サーバからBizホスティング ベーシックに移行してからも、FreeBSD 8.2-STABLE 上で使い続けさせてもらっています。
以前「IMAProwl を自動起動に」を書いていたのですが、私が rcNG の書き方を理解していなかったためにみっともない方法で courier-imap-imapd-ssl → imaprowl の順で起動するようにしていました。ひょんなことから、まともな(?)解決に至りました。

/usr/local/etc/rc.d/courier-imap-imapd-ssl には、

# PROVIDE: courier_imap_imapd_ssl

と記してありますので、/usr/local/etc/rc.d/imaprowl には、

# REQUIRE: LOGIN courier_imap_imapd_ssl

と記すべきなのですね。

こうしておけば、rc.d/courier-imap-imapd-ssl に手を加えなくても、サーバ起動時に期待した順で起動してくれるようになりました。
相変わらず、終了処理は書いていませんけど、以下に現在使っている rc.d/imaprowl を記しておきます。ほぼ個人的な覚え書きです。

#!/bin/sh
#
# PROVIDE: imaprowl
# REQUIRE: LOGIN courier_imap_imapd_ssl
# KEYWORD: shutdown
#
# Add the following lines to /etc/rc.conf to enable imaprowl:
# imaprowl_enable (bool): Set it to “YES” to enable imaprowl.
# Default is “NO”.

. /etc/rc.subr

name=”imaprowl”
rcvar=${name}_enable

load_rc_config $name

: ${imaprowl_enable=”NO”}

start_cmd=${name}_start

imaprowl_start() {
/usr/local/etc/IMAProwl/imaprowl.rb -c /usr/local/etc/IMAProwl/imaprowl.conf -q
}

run_rc_command “$1”

関連記事

 
Posted: 5月 23日 2011 at 20:20 2,804 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload