6月 19

多分、昨日の試合は今季最も早くチケットがさばけたであろう試合。その要因が相手チームの選手見たさなのでしょうから、ある意味情けないことです。しかし、私だってダルビッシュみたいもんなぁ。そのダルビッシュが登板することもなく、ちょっと残念のようなホッとしたような気持ちで迎えた交流戦最後の2連戦の初日、行ってきました。マツダスタジアムへ。

先発はジオ。

元々バランスの良い投球フォームをしているわけではありませんけど、昨日は投げるボールもバランスが悪かったようで、初回いきなり失点。2回も不安定な投球ということで、早々と交代。立ち上がりをなんとかしてくれないと、今後にも不安が残ります。

つないだのは今村。結構球速出てましたね。1点は失いましたが、再度先発のチャンスがあっても良いかなと。故に、もう少しイニングを投げてもらいたかったのですけどねえ。

一方の打線はいつも通り。1点を取るのがやっと・・・
観戦したここ2試合は宮島さんを歌うことが出来なかったので、久しぶりの宮島さん。情けなさ過ぎます。

あちらといえば、中田。2発も凱旋ホームランを浴びてしまいました。

写真はホームラン時のものではありません。あしからず・・・

中田に限らず、相手のバッターはどっしり見えますし、強くボールを叩けているように見えます。
カープの選手が練習していないなんていうつもりはありませんし、長時間の練習を行っていることは確かでしょう。しかしね、こうまで結果に差が出ると、根本的に練習の仕方に問題があるのではないかと勘ぐってしまいます。栗原なんて、年々劣化して行っているようにしか見えませんもの。個々の選手の問題もあるでしょうが、揃いも揃って結果が出ない現状なのですから、チーム全体として考えることがあるでしょう。ま、今の首脳陣や編成が考えても、碌なことにはならない気もしますけど。

で、曲がりなりにも7回までは試合と呼べるものでした。それをぶち壊したのが8回表。

勿論、打たれた永川は問題ありあり。あまりに脆すぎでした。
ただ、ベンチとブルペンの意思疎通が出来ていたのかが不安になります。先日もありましたが、交代を告げてから実際にマウンドに立つまでに妙な空き時間があることがしばしば。肩の準備は出来ていても、気持ちの準備が出来ていないことが間間あるように思えます。
あの時点での永川の登板に、全く意味がないとは言いません。が、その意味が永川に伝わっていたのかという点には疑問が残ります。わからない永川が悪いというご意見もあるでしょうが、それは伝える努力、普段から理解させるような指導をした上でのこと。選手は、ゲームのキャラのようには動きませんて。

それにしても、昨日で交流戦最下位が決まってしまいました。ほとんど点が取れないのですから、当然と言えば当然の結果ですね。彼我の力量差をまざまざと見せつけられた交流戦でした。個々の選手の力量だけではなく、チームとしての力量ですけどね。その責を負うのは、当然ベンチであり、フロント、オーナーであると思うのですが、選手に帰結させたがる人がいるのは残念です。

あぁ、せめて最終戦くらい、スカッと勝って欲しいものです。

関連記事

 
Posted: 6月 19日 2011 at 8:55 2,093 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload