12月 26

昨日は、信楽高原鉄道に乗ってきました。
元々は国鉄信楽線であるこの鉄道、草津線の貴生川駅から信楽駅までを結ぶものです。名前の通り、貴生川駅からどんどん登って信楽盆地に至ります。全長 14.7km の路線ですが、貴生川から最初の駅である紫香楽宮跡までが、9.6km。残りが 5.1km ですから、信楽盆地と麓をつないでるって感じです。

その信楽ですが、陶器の町としても有名ですし、紫香楽宮・甲賀宮といった歴史の町としても有名です。あちこちを放浪した天皇聖武がならの東大寺の前に大仏を作ろうとしていたという話もありますし、まかり間違っていれば、都として後世に名を残したかもしれません。

普段は単行、土日には2両編成になることもあるのだとか。
また、米原・貴生川駅間の近江鉄道本線とともに改良の上、信楽駅から片町線の京田辺駅まで延伸する構想もあるそうです。

びわこ京阪奈線(仮称)鉄道構想/滋賀県

構想としては面白そうですけど、まぁ、実現性は乏しそうですねえ。

関連記事

 
Posted: 12月 26日 2011 at 11:01 2,274 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload