5月 06

今年の観戦は未だ地元開幕戦のみ。利益のみを追求してそうなオーナーに抗議するというわけではないのですが、機会に恵まれなかったりとか、いろいろあって遠のいております。
そろそろウズウズしていたところ、ゴールデンウィークの3日間、マツダスタジアムでウエスタンリーグの試合があるとか。天気も良さそうです。そんなわけで昨日、久しぶりに若鯉の姿を見に行ったまいりました。

普段ズムスタで行われる2軍戦の場合、内野席の一部しか着席できないよう区切られています。が、さすがに昨日は内野の1階席は全開放。すべて自由席ですから、早く行けばかなり良い席に座れたりします。試合開始1時間前に行ったのですが、既に日陰になっている席を中心にかなりの入場者。試合開始時には、消化試合の平日ナイターなどよりも多くの人が入っていたように感じました。

で、先発は中村恭平。

初回から四球連発でいきなり3失点。昨年よりも劣化しているように感じるのは私だけでしょうか。中村や2軍落ちした福井など、多くの若手投手がコントロールに苦しむ姿を見ると、チームの方針の問題もあるのかなと邪推してしまいます。

打つ方では岩本が流石の貫禄。

素晴らしいホームランでした。ただね、上でやって貰わないと・・・
このままでは、2軍の帝王になってしまいそう・・・

ちょっと注目していたのが中谷。

バッティングは良い感じでした。サードを守っていたわけですが、これからより多くのチャンスを得るためにも、他の守備位置にも挑戦して貰いたいなと感じました。まずは、支配下登録ですかね。

試合は山本芳彦のタイムリーでサヨナラ勝ち。手放しで喜べる内容ではありませんでしたけど、かなり楽しめた観戦でした。
身体が慣れていないせいもあったのか、かなり暑く感じましたが、心地よい気分でスタジアムを後にできました。

が、その気分も夜にはぶち壊し。今朝の中国新聞の監督野村のコメントを見て、さらに気分が悪くなりました。どうしてあんなに第三者的なコメントができるのでしょうかねえ。自分が監督だってことが、理解できていないのでしょうか。それならそれで、さっさと辞めていただきたいのですけど。
本日の球炎では、カープとヤクルト、試合に臨む前のチームとしての差に言及がありました。組織としての体をなしてないってところでしょうか。地元紙のそんな批判さえ、彼らには届かないのでしょうかねえ。

関連記事

 
Posted: 5月 6日 2012 at 10:50 1,752 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload