8月 11

先日 MacBook Air にはアップデートでインストールしてみた Mountain Lion。普段使っているアプリケーションにもあまり問題がなさそうなので、メイン使いの iMac にもインストールしてみました。1年以上使って HDD の中身も混乱している iMac ですので、これを機にクリーンインストールしてみました。
クリーンインストールと言っても、Lion から Mountain Lion にアップデートし、再度インストールし直すことでクリーン状態になるという方法。DVD や USBメモリなどのメディアを用意する必要はありません。

OS X Mountain Lion(マウンテンライオン)をクリーンインストールする方法 | 和洋風KAI

ここに詳しい方法が書かれていましたので、参考にさせていただきました。

スッキリしたところで、徐々に普段の環境を構築。
まずはブラウザ。Safari でも良いのですが、同じ SNS に複数アカウントでログインする必要があったりして、Firefox と Google Chrome もインストールしてます。
あとは日本語入力のために ATOK を入れて、Echofon Lite for Twitter や、Evernote をインストール。ここまでならフツーの Mac ユーザの姿です。

続いて、メールクライアント。Sparrow Lite なんてものも試しましたが、あまりしっくりきません。届いたメールを読んだ後でフォルダに分類するという私のスタイルの場合、やはり Mew が合っているようです。
そういうわけで、Xcode と Homebrew をインストール。標準のターミナルでも悪くはないのですが、タブが使える iTerm2 も使っています。

Emacs 24.1 | KNCN weblog で紹介した方法で Emacs.app を入れ、Homebrew で stunnel をインストール。compface はソースをとってきてインストール。
これでMew の最新版を追いかける準備ができました。やはり手に馴染みます。

後は Migemo でも入れとくかというところなのですが、上手くいきません。これまで使っていた C/Migemo も駄目です。Leopard 時代に make したものを使いつづけてきたわけですが、Mountain Lion + Homebrew の環境での構築は後日の課題ということで・・・

関連記事

 
Posted: 8月 11日 2012 at 17:09 3,757 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload