8月 30

実践 FreeBSD サーバ構築・運用ガイドFreeBSD での GCC は 4.2.1 で打ち止め。Mac OS X の Xcode でもそうなのでしょうけど、GPLv3 がその理由なのでしょう。

そういうわけで、FreeBDS 10 からは “clang” C Language Family Frontend for LLVM が標準になるそうです。9-STABLE も clang/LLVM で build できそうですし、使っている ports もほぼ問題なさそうです。であれば、試してみたくなるのが人情っていうものでしょう。

BuildingFreeBSDWithClang – FreeBSD Wiki
PortsAndClang – FreeBSD Wiki

ここらあたりを参照して、自分の環境では大丈夫そうです。

準備として、/etc/make.conf に以下を追記。

 
# clang
CC=clang
CXX=clang++
CPP=clang-cpp
# This setting to build world without -Werror:
NO_WERROR=
# This setting to build kernel without -Werror:
WERROR=

後は普通に make world すれば、多分 clang で build された世界になったはずです。確認手段がわからないので、「はずです」ですけどね。

ports も全てを再構築。

 
# env BATCH=yes PAGER=cat portmaster -D -G --no-confirm -f -a

って、感じでいいんでしょうかね。コマンド一発で、非インタラクティブに、全ての ports を再構築しようとしました。
ただ、portmaster がよくわかってないので、非インタラクティブではありましたけど全て再構築できたかどうかは定かではありません。

関連記事

 
Posted: 8月 30日 2012 at 18:59 2,287 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload