12月 14

冬の青春18きっぷの旅2日目は一畑電車。勿論、青春18きっぷでは乗れません。
松江しんじ湖温泉駅から乗車して、宍道湖を眺めつつ一畑口駅で平地のスイッチバックを堪能して、川跡駅で大社線に乗換です。

P1010219

川跡駅では、左から出雲大社前・電鉄出雲市・松江しんじ湖温泉駅へ向かう電車が揃い踏み。

P1010221

大社線に乗った目的は、出雲大社前駅に止めてあるデハニ50形を眺めること。

P1010222

車内はこんな感じで、

P1010225

運転席はこんな感じ。

それがなくても、短いなりに大社線は楽しめます。

P1010227

出雲ドームを眺めたり、

P1010229

稲生神社の赤鳥居を眺めたりと車窓を楽しめます。
赤鳥居は、車窓から眺めるよりも、降りて電車と一緒にカメラに収めた方がいいんでしょうけどね。

その後、電鉄出雲市・JR出雲市駅・宍道駅と乗り継いで、木次線に乗車。出雲横田・備後落合間は何度も乗ったのですが、宍道駅からは久しぶりです。

ハイライトの一つは、平地ではない出雲坂根駅のスイッチバック。

P1010248

左が八川駅・宍道駅方面、右が三井野原駅・備後落合駅方面です。

P1010267

スイッチバックを折り返すと、奥出雲おろちループを眺めることができます。
雪のおろちループを眺めるのもいいものですね。

ただねぇ、出雲坂根駅から三井野原駅まで団体さんが大量乗車。それまでのノンビリとした車内の雰囲気は残念なことになってしまいました。
隣に座られた女性の方の圧力で、私は座っていることもできなくなりました。キヤノンの一眼レフで撮影を楽しもうとされていたお兄さんも窓際から閉め出され、仕方なさそうに望遠レンズを取り出されていました。
一人旅って、こんな場面で多勢に無勢で悲しい思いをすることもあります。

そんなこともありましたが、無事備後落合駅に到着。

P1010284

ところで、この「落合」という地名、落ち合うってことが由来なのでしょうねぇ。「追分」とは逆のようですが、ある意味相通じるような気もします。

備後落合駅からは芸備線を乗り継いで帰広。
さて、あと3日分。どう使いましょ?

関連記事

 
Posted: 12月 14日 2012 at 20:05 1,950 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload