8月 04

3日目は北九州の未乗路線を目指しました。

熊本駅から鹿児島本線で原田駅へ。「はらだ」じゃありません。「はるだ」です。原田駅からは名ばかりの本線、筑豊本線で桂川駅まで。「かつらがわ」じゃありません。「けいせん」です。

20130803_095735

キハ31単行。かつては寝台特急も走っていた区間なのですけどねえ・・・

桂川駅からは「電車」で直方駅へ。

20130803_102722

こちらは電化区間。博多駅へは篠栗線経由で直結されています。「福北ゆたか線」っていう愛称も与えられています。特急かいおうも運行されています。原田・桂川間とはかなり趣が違います。

で、本題はここから。
JR直方駅から徒歩10分ほどの、筑豊直方駅から筑豊電気鉄道に乗車。ほとんど専用の軌道上を走りますが、路面電車タイプの車両です。

20130803_104536

車内はこんな感じ。

20130803_104651

正確には、熊西・筑豊直方間が筑豊電気鉄道。黒崎駅前・熊西間はかつての西鉄北九州線の一部で、今も西鉄の持ち物なのだそうです。尤も、筑豊電気鉄道自体が西鉄の完全子会社だったりするわけですけどね。

黒崎駅からは鹿児島本線・日豊本線・日田彦山線を通って志井公園駅へ。日田彦山線の始点は城野駅ですが、全ての列車が小倉駅まで直通します。方向幕ではなくサボが活躍している(?)区間だったりします。
志井公園駅から徒歩5分ほどで北九州モノレールの企救丘駅へ。近くにプールでもあるのでしょう、浮き輪を持った家族連れなどで賑わっていました。

20130803_125442

うん、モノレールです。途中、小倉競馬場の誘惑にも負けず、そのまま小倉駅へ。改札を出ると大音響。なにかと思うと、

20130803_132209

コンコースでこんなことやってました。全国あちこちでYOSAKOIなんですなぁ。

そんな小倉駅を後にし、門司港駅へ。

ここでの目的は門司港レトロ観光列車トロッコ潮風号。正式には「平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線」って言うようです。

20130803_135513

全長 2.1kmの観光トロッコ列車です。2両の客車を前後につながれた機関車が引っ張ります。
短いながらも車窓から跳ね上げ橋を見ることが出来たり、

20130803_140218

トンネルがあったりとそれなりに楽しめます。最高時速 15km/hの速度も、ある意味魅力的。
関門海峡クローバーきっぷなどで関門海峡観光を更に楽しむこともできますが、今回は九州鉄道記念館駅・関門海峡めかり駅間を往復しただけ。

門司港駅の歴史ある駅舎は大規模保存修理工事で、仮囲いされてました。
ホームを眺めて門司港駅を後にしました。

ところで、潮風号を待ってる途中で、北九州在住の旧友から連絡が入りました。来ているのなら会おうよと。ことの顛末は次回。

kyuushuu0803

乗りつぶしオンライン/私鉄版

関連記事

 
Posted: 8月 4日 2013 at 9:04 2,545 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload