7月 11

JR九州の「ゲキ★ヤス 土日乗り放題きっぷ」を使いたいがためだけに、旅に出ています。とは言え、何も目的がないのでは面白くありませんので、九州でもあちこちにある「小京都」と呼ばれる場所を訪れてみることにしました。
もちろんお供は Nikon D60。何本もレンズを持ち出しても荷物になるだけな様な気がしましたので、オールマイティに使えそうな AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) と小ささを考慮して AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G の2本に絞って出かけてきています。

昨日仕事が終わってから新幹線に乗り、小倉駅で「ゲキ★ヤス 土日乗り放題きっぷ」を手に入れました。発売が昨日まで、利用が今日・明日で終わりですのでまさにギリギリの日程です。
2日間乗り放題ですので、夜行列車から乗り始めれば少し得した気分です。JR九州で夜行というと「ドリームにちりん」しかありませんが、この列車に乗れるのは日付が変わる行橋から。小倉から行橋までの乗車券と自由席特急券も用意して乗車することにしました。
列車の時刻まで時間がありましたので、門司港まで足を伸ばしてみました。

DSC_6068

門司港レトロ倶楽部というサイトも用意されていて、観光にも力をいてているようです。門司港レトロ観光列車も運行開始しましたし、今度は昼間に訪れてみたいですね。

小倉駅にとって返しドリームにちりんを捕まえましたが、金曜日ということもあるのか小倉駅でほぼ満席状態。こりゃ疲れそうだと思っていると、行橋でかなりの方が降車。一眠りして大分に着くころにはかなりゆったりと席を占めることができる状態になりました。夜行列車がどんどんなくなっていくわけだと妙に納得。
その大分駅では2時間近くの停車時間があります。そのまま走ると宮崎にとんでもない時刻に着いてしまうからなのでしょう。その大分駅でパチリ。

DSC_6097

783系ドリームにちりんです。この783系ですが、乗降扉およびデッキが中央に設けられていて、前後 A室、B室に分けられているという特徴のある車両です。

宮崎からは日南線に乗り換え、今日の目的地飫肥へ。この飫肥は伊東氏の城下町として栄えたことや、ポーツマス条約で知られる小村寿太郎の生誕の地であること、NHK連続テレビ小説わかばのロケ地になったことで有名だそうです。

飫肥城は大手門が復元されていてなかなか立派な門構えでした。

DSC_6114

本丸は復元されていませんが、松尾の丸という見所もあります。
かつての城下町であった場所の一部は古い町並みが保存されているようで、なかなか風情がありました。

DSC_6140

ただ、この時期は暑すぎました。おまけににわか雨にも襲われて。
まぁ、もう少しよい時期にゆっくり訪れてみたいですね。来年の日南キャンプの時期あたり???

本日撮影した写真の一部を 小京都 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

関連記事

 
Posted: 7月 11日 2009 at 21:27 5,235 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload