3月 04

昨晩乗車した個室B寝台ソロはなかなか快適でした。こういった列車が無くなるのは寂しいですね。
昨晩の上野駅でもそうでしたが、夜が明けると沿線の撮影スポットらしきところで「あけぼの」を狙うカメラマンが目につきました。ご近所の方なのかも知れませんので一概には言えないのですが、被写体がなくなったら困るでしょ。もっと乗りましょうよ。

で、そのあけぼのを弘前駅で下車。

DSC_1560

弘前駅からは五能線経由で五所川原駅へ。

DSC_1591

車窓から岩木山を眺めましたが、曇り気味で少し残念。冬の日本海側ってこんな天気が多いのかも知れませんけど。

JR五所川原駅は津軽鉄道津軽五所川原駅と跨線橋を共用しています。同じ跨線橋を渡って、別の改札を通るって事です。ホノボノしてますね。

DSC_1608

その跨線橋から見た津軽鉄道の「卒業列車」に乗って金木駅へ。鉄道ファンを卒業するって訳ではありません。

DSC_1620

金木といえば、太宰治の故郷。敬意を払って、太宰治記念館【斜陽館】を眺めてきました。眺めただけです・・・

その後、昼食を食べて終点津軽中里駅へ。ここから、ストーブ列車で五所川原へ引き返します。

DSC_1634

外見は普通の客車。まぁ、今時普通の客車に出会えるのも稀ですけど。

DSC_1637

切符と言えば、一部の方には嬉しい硬券。降車時には見せるだけで回収されません。そんなところも嬉しいですね。
そう言えば、高校時代に買った、54321 と 5555 の硬券入場券はどこへいったかなぁ?

で、ストーブです。

DSC_1652

多少アルコールが入っていたもので、ブレブレですけど・・・
車内はするめのヤク匂いが充満。もう一往復しようかと思ってしまいました(^Д^)

そんな思いをグッと堪え、五所川原観光へ。立佞武多の館 -たちねぷたのやかた- を見学してきました。

DSC_1670

3体の立佞武多が展示されています。巨大です。8月4〜8日に開催される祭で実際に使われた山車だそうで、この「館」には出入り口が設けられています。いつかは本番の祭を観に来たいものです。

そういうわけで、今晩は青森泊。明日はいよいよ北海道へ。

関連記事

 
Posted: 3月 4日 2014 at 20:37 1,532 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload