5月 27

あちら、こちらで話題になっていますが、iPhone で使える VNC クライアント「Mocha VNC Lite」が App Store で無料公開されています。VNC とは、ごく簡単に言うと、Mac, PC などをリモートで操作できるというものです。
面白そうなのでインストールしてみました。

リモート操作を行うためには、操作される側での準備が必要です。
Mac OS X Leopard の場合、「システム環境設定」の「共有」で「リモートマネージメント」にチェックを入れます。「コンピュータ設定」をクリックして開いた画面で、「VNC 使用者が画面を操作することを許可」にチェックを入れパスワードを入力しておきます。これで準備完了。あとは、Mocha VNC Lite で、Mac の IP アドレスと先ほど決めたパスワードを入力して接続すれば iPhone から Mac を操作できるようになります。

icon

iPhone の画面が小さいのは致命的といえば致命的。ただ、フリックやピンチイン・ピンチアウトも効きますので、思ったよりも快適に操作できます。

Windows Vista では、TightVNC を利用してみました。Download TightVNC から tightvnc-1.3.10-setup.exe をダウンロード・インストール。Launch TightVNC Server で起動し、Primary password を決めておきます。閲覧のみを許可することが必要な場合は、View-only password も決めておきます。Mac 同様 Mocha VNC Lite から操作できるようになります。

icon

Mac 上の VNC クライアントとしては、Chicken of the VNC もありますし、名前からして速そうな JollysFastVNC なんていうものもあるようです。勿論、Windows などではより多くのクライアントが存在します。
VNC 自体、それなりの帯域が確保できないと常用するのは難しいのかも知れません。ただ、ちょっとした用途やいざという時の「備え」としては、それなりの力を発揮するものだと思います。興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、お試しいただければ幸いです。

 iTunes Store(Japan)

この記事は、以前の blog で書いたものの復刻版です。

関連記事

 
Posted: 5月 27日 2009 at 6:50 6,935 views   Tagged with:


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload