8月 31

まぁ、自民党中心の政権から民主党中心の政権に変わるのでしょう。だからといって、日本の政治や経済状況などが何か変わると思えるほど幸せな考えを持っていないことに、自分自身の哀しさを感じてしまいます。ある意味まだまだ私もマトモだなとも思いますけど。

いみじくも民主党党首の鳩山が総選挙勝利の記者会見で「自民党が嫌で離党したのではない」と述べたように、自民党と民主党の差異を感じることは出来ない私です。どちらも、議員になりたい・議員でいたい人たちの集まりであって、とても政党と呼べるモノではないと思っています。良きにつけ悪しきにつけ、今の日本で正当と呼べそうなモノは「日共」くらいしかないようです。かろうじて社会民主党がそう呼べるかも知れないくらい。
公明党は幸福実現党と同じようなモノですし、国民新党などはただの自民党亜流でしょ?
誤解ないよう言っておきますが、私は「日共」や社民党を特別支持しているというわけではございません。

かつての自民党内の派閥間の政権たらい回しと、今回の自民・民主間の「政権交代」、一体何が違うというのでしょう。
2大政党制と言いながら、その「2大政党」が連立を組む可能性があるようではとてもマトモな状況とは言えません。所詮、同じ穴の貉でしょ。

はぁ〜、わかっていたこととはいえ、選挙結果を見ながらため息をつきたくなってしまします。

関連記事

 
Posted: 8月 31日 2009 at 2:13 2,743 views   

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ 人気ブログランキングへ 広島ブログ


週刊 鉄道ペディア 国鉄JR篇 JTB Time Table MacPeople Software Design Hiroshima Athlete Magazine EIZOダイレクト フォトブック作成サービスcocoal(ココアル)
preload preload preload