5月 18

こんな言葉を使いたいわけではありませんが、福島第一原発では1号機だけではなく、2号機、3号機でもメルトダウンが起こっている可能性が高いようです。冷却を続けるしかないわけですが、とりあえずは水を浴びせ続けるだけ。汚染水をどんどん増やしている状況です。
かと言って、他に手段があるわけでもなく、今更「汚染水を浄化しながら循環させて冷やすシステム」を導入するとか言ってますが、東京電力の訂正版工程表でも2ヶ月はかかるとのこと。また、仮に、そんなシステムが導入できるのであれば、これまでの2ヶ月間、汚染水を増やすばかりの注水を続けていたのはなぜなのでしょう。モグラ叩き状態の対処を続けていても、冷温状態にすることはなかなか出来ないのではないかと思ったりします。

で、仮に冷温状態にすることが出来たとしても、廃炉まではどれだけの費用と年月が必要なのでしょう。東京電力の副社長が「廃炉にするまで、まだやらなければならないことが多く、全体でいくら費用がかかるか見通すことは難しい」なんてことを言っているようですが、原発推進派の方々が想定していたような予定通りの廃炉であっても、どれだけの費用がかかるかは定かではなかったと思うのですけどね。その費用や使用済み核燃料の処理費用を算定せずに、原発は低コストだとか言っているわけですから、救いようがありません。

ところで、事故後2ヶ月以上が経過した今になって炉心溶融しているとの発表を行ったのでしょう?
事実を隠していたのであれば、そんな東京電力・政府の言う行程を信じろということは無理なことです。また、本当にこの時期になってわかったのであれば、あまりにお粗末。そんな東京電力に事故の処理をやらせること自体に不安を感じます。
まあ、不安を感じるレベルはとっくに過ぎ去っているのかもしれませんけど。

 

Posted: 5月 18日 2011 at 21:08 2,230 views   



5月 06

人気取りのつもりなのかもしれませんが、菅が中部電力に対して現在運転している浜岡原発4号機、5号機の停止を要請したことを支持します。

首相 浜岡原発すべて停止を要請 NHKニュース

と言うか、当然でしょう。コストが安いわけでもない、安全なわけでもない、メリットを何も感じられない原発を、運転し続けるなんて個人的には信じられないことです。ましてや、これ以上増やそうとするなど・・・

まぁ、いろいろご意見はあろうかと思いますが、ちょっとしたことで制御できなくなるようなブツを、実験ではなく実用しようとすること自体が信じられない私です。
CO2 が地球温暖化につながっているとか、ホントに地球は温暖化しているのかとか、そんなことにさえ疑問を持っている私ですので、いろいろな方のご意見は承りたいと思っていますけど。


Video clips at Ustream

 

Posted: 5月 6日 2011 at 19:59 4,551 views   

4月 04

もう「破綻」としか言いようがない状況です。何がって、福島第一原発の状況がです。

注水すれば、汚染された水が流れ出す。
未だに安全に停止できる目処さえ立たない。
「低レベル」と言われている汚染水を垂れ流すことを選択しなければならない状況。
冷却できたとしても、その後の処理をどうするつもりなのでしょう。
日本のものは買わないという国さえ出て来ています。

現場の作業に従事されている方には、頭が下がります。そんなことを言っているのではなく、こんなにも脆いものを信じていた、信じさせられていたことに疑問を呈しているわけです。まるで、怪しい宗教の世界の話のようです。ま、私は信じることが出来ていたわけではありませんけど。

自業自得なのかなとも思わないわけではありません。あまりに奢りすぎていたのかと。ものの本質に迫ることなく、納得した気持ちになっていただけなのではないかと。池上さんの解説などもその類なのかもしれません。
東京電力には勿論問題山積みでしょうが、他の原発で日々「製造」されている使用済み核燃料の処理さえも碌に決まっていない現状なのですから、東京電力という個別会社の問題だと片付けるわけにはいきません。

ここで、これまでの日本という国のあり方を考え直さなければ、今後の復興も覚束無いのではないかと危惧します。

 

Posted: 4月 4日 2011 at 22:02 2,436 views   

3月 28

デザイナーマツダ魂の叫び!からいただいた画像を、先日から、この weblog に貼り付けています。で、この画像、募金サイトへのリンクになっていたりします。よろしければ、ご利用下さい。
手持のお金を募金するだけではなく、様々なポイントを募金できるところも多くあるようです。ここのところ、少ないポイントが残ったままのほとんど利用しないサイトを巡っている私だったりします。

「けっぱれ」というのは、北海道や東北地方で「がんばれ」といったようないう意味だそうです。東北といっても、被害が大きい地域よりも北の方だったりするそうですけど。

幸い、私の直接の知人は皆さん無事でした。ご家族や職場の方を亡くされた知人は少なからずいらっしゃいましたし、津波によって家を流された方や、未だにご家族の方が行方不明の知人もいます。そして、至極当然のことなのですが、原発事故の影響にも恐怖されている知人もいらっしゃいます。原発に関しては、私が住んでいる広島も含め、より広い地域で恐怖を感じるべきなのかもしれません。

まだまだ、「復興」という言葉を使うことも出来ない状況のようにも思います。
ですが、こんなことしか言えなくて申し訳ありませんが、被災地の皆様、けっぱって下さい。

 

Posted: 3月 28日 2011 at 6:31 2,799 views   

3月 23

練習試合はまだ残っていますが、一昨日でオープン戦が終わりました。カープは12球団中8位の成績だそうです。

オープン戦終了、コイ8位 – カープ情報 – 中国新聞

オープン戦ですから、勝敗にこだわるわけではありません。勝敗よりも、公式戦に向けての準備がきちんと出来ているかどうかが重要なことだと思います。
その点においては、今年も出来ていなかったと言わざるを得ません。現状では29日に開幕になりそうですが、昨秋から3月25日開幕に向けてチーム作りをしてきたはずなのに、してくるべきであったのに、現時点ではとても合格点をつけることは出来ません。

相変わらずの得点能力の低さ。昨年も含めて、ここ数年のカープの一番の課題は、得点能力の低さだと思っています。肝心なところで、ここというところで、点が取れない・・・ 投手陣云々よりも、こちらの方がよほど重症だと思っています。
ですが、昨年来、この点に対してはろくな補強をしていないのですから、当然と言えば当然の帰結。ポーズだけの FA 参戦なんて、何の役にも立ちません。それでいて、ドラフトも新外国人も投手偏重。これでは得点力向上なんて夢のまた夢。ま、個々の選手の力だけではなく、チームとしての姿勢にも問題ありだとは思いますけど。機動力と言いながら、相手が1死3塁から内野ゴロで生還などといった場面を何度も見た昨年ですが、残念なことにカープのそんな場面はあまり見ることが出来ませんでした。盗塁数だけが機動力ではないと思うのですけど、そのあたりも現首脳陣と私との間で考え方の差があるように思います。突っ込む突っ込まないは、ベンチや3塁コーチの指示だけではないと思うのですよね。その場面場面での選手の咄嗟の判断が重要な場合もあると思うのですよね。そういった判断を育む練習を行っていないのか、恐怖政治のために選手が思いきった判断が出来ないのか。現状を見ていると、そんな妄想をしてしまいそうになります。

ところで、ホントに4月頭から東京ドームで試合をする気なのですかね。停電問題が落ち着くまでは、東京ドームで試合をすべきではないでしょう。デイゲームであっても、さほど電力消費は変わらないでしょうし。ドームをドームとして維持するために、普段からかなりの電力が使われているようですし。東京ドームは、この時期に大量の電力を使って試合をするよりも、埼玉アリーナから出ていかなければならない福島県双葉町の方々などの避難場所にすればいいのに・・・

 

Posted: 3月 23日 2011 at 0:36 2,598 views   Tagged with:


preload preload preload