4月 04

もう「破綻」としか言いようがない状況です。何がって、福島第一原発の状況がです。

注水すれば、汚染された水が流れ出す。
未だに安全に停止できる目処さえ立たない。
「低レベル」と言われている汚染水を垂れ流すことを選択しなければならない状況。
冷却できたとしても、その後の処理をどうするつもりなのでしょう。
日本のものは買わないという国さえ出て来ています。

現場の作業に従事されている方には、頭が下がります。そんなことを言っているのではなく、こんなにも脆いものを信じていた、信じさせられていたことに疑問を呈しているわけです。まるで、怪しい宗教の世界の話のようです。ま、私は信じることが出来ていたわけではありませんけど。

自業自得なのかなとも思わないわけではありません。あまりに奢りすぎていたのかと。ものの本質に迫ることなく、納得した気持ちになっていただけなのではないかと。池上さんの解説などもその類なのかもしれません。
東京電力には勿論問題山積みでしょうが、他の原発で日々「製造」されている使用済み核燃料の処理さえも碌に決まっていない現状なのですから、東京電力という個別会社の問題だと片付けるわけにはいきません。

ここで、これまでの日本という国のあり方を考え直さなければ、今後の復興も覚束無いのではないかと危惧します。

 

Posted: 4月 4日 2011 at 22:02 2,478 views   



2月 18

先日発表された高速道路の新たな料金。批判的な論調が多いようです。例えば、

asahi.com(朝日新聞社):社説 – 高速道値下げ—これでは「使い逃げ」だ

民主党の公約通り無料にならないことを批判するのであればわからないでもないのですが、減免や無料化の社会実験を続けることを批判するのは意味がわかりません。そもそも、問題の建て方が違うのではないのかと思ってしまします。

道路を走るために、お金を払いたいですか?

道路が無料であることは当然ではありませんか? あなたの家の前の道路が有料になるとしたら、それを受け入れることが出来ますか? よほど特殊な事情がない限り、道路を通ることが有料であることに違和感を感じます。道路なんて無料で当たり前です。何のために税金を払っているのか。国なり自治体なり、社会的インフラである道路を整備するのは当然のことだと思います。
受益者負担という言葉もありますが、高速道路が無料になることによって、市街地の道路における渋滞が緩和されたりすることもありますから、「受益者」を限定することはなかなか困難なことだと思います。

さらに言えば、

民間会社が徴収する「料金」を国土交通省が発表することに違和感を感じませんか?

民間企業であるコンビニに並んでいる商品の値段を国の省庁が前もって発表するようなものです。変でしょ?

そもそもを言えば、社会的インフラである高速道路の管理を民間会社に委ねることにしたこと自体が、私にとっては意味不明です。道路なんて採算が合うものではないと思うのですけどねぇ。採算なんていう物差しを持ち込むべきものではないと思うのですけどねぇ。

民間会社が道路を作って料金を受け取ることを否定するわけではありません。それが成り立つのであれば、どんどんやっていただいて構いません。道路公団の民営化を進めた猪瀬氏などには、是非、自ら会社を興して有料道路網を整備していただきたいものです。ま、それで会社が成り立つとは思えませんけど。

 

Posted: 2月 18日 2011 at 6:39 1,968 views   

2月 07

ここのところ盛り上がっている大相撲の「八百長」問題。正直なところを言えば、日本相撲協会がやっている「大相撲」に「八百長」なるものはありえないと思っています。八百長っていうのは、スポーツとか競技とか、そういったもので初めて問題になるものではないのですかね? そもそも「出来山」なんて言葉がある時点で真剣勝負ばかりがなされているなんてことはありえないですよね。
元々が興業なのですから、八百長云々といわれていることに違和感を感じています。「相撲」は違うでしょうけど、「大相撲」はスポーツでも競技でもないとしか思えないのですよね。スポーツニュースや新聞のスポーツ欄が取り上げること自体がおかしいと言うか・・・

いろいろツッコミどころはありますけど、少なくとも場所前に対戦相手が決まっていないっていう時点で話になりませんよね。スポーツとか競技とかともし名乗るのであれば、予め対戦相手・日程を決めておくことは当たり前だと思います。15日の本場所を維持するとするとすれば、16人でリーグ戦を行い優勝を決めればいいだけだと思うのですけどねぇ。そんなに難しいことなのでしょうかねぇ?

ま、伝統とかいろいろあるのでしょうから、そうもいかないのでしょうけど、それならそれで「技」を見せてくれる興業であるとしてくれればいいのに。そうであれば、筋書きがあっても何の問題もありませんし、その筋書きがよければより楽しめるというものです。
伝統芸能とかいわれている、歌舞伎とか能とかに八百長ってないですものね。それと同じように「大相撲」を見ればいいだけなのかと思います。しつこいようですが、「相撲」がそうだと言っているわけではありません。

ニュースなどを見ていると「裏切られた」とか仰っている場面が映されたりしていますけど、それって「明らかにしなければ良かったのに」っていうことでしょうかね?

それと、直接犯罪に結びつくわけでもないメールの内容が明らかになったことが、一番問題だったりして。恐ろしい世の中になってきましたねぇ。

 

Posted: 2月 7日 2011 at 6:50 1,721 views   

2月 03

2003年12月1日に廃止された可部線の可部駅・三段峡駅間。当時の営業キロでホンの 1.3km ですが、復活するかも知れないというお話。

可部—旧河戸間を復活方針 – 中国新聞

廃線跡はまだ残っていますし、旧河戸駅周辺はそれなりに宅地化が進んでいる場所ですから、それなりですが利用も見込めるでしょう。安佐北区役所あたりに新たに駅を設ける予定のようですが、区役所に行くのに可部線を利用する人はあまりいないでしょうねぇ。だって、可部線沿線のほとんどは安佐南区だったりしますから。

国鉄・JR と変遷する中で、全国では様々な路線が廃止されてきました。可部線はその中ではかなり遅い廃止でしたし、全線が廃止されるのではなく一部が廃止されたわけですので、他と比べると少し特異な例かもしれません。ただ、他にも部分的には今でも必要とされる路線もあるのではないかなぁと思います。
最近はあまり聞かなくなりましたが、かつては、路線毎の「営業係数」が毎年発表されていたりしました。鉄道って、システムとして成り立つものではないかと思うのですが、その営業係数によって各路線を評価することによって、システムが崩れた場合もあるような気がします。そのことが、ますます鉄道離れを招いてしまったような・・・

ま、実際復活するのかどうかも確かではありませんが、廃止された路線の見直しに少しでもつながることを祈っております。他のどの路線を復活すればよいのかと問われると、困りますけど・・・

 

Posted: 2月 3日 2011 at 20:02 2,712 views   Tagged with:


1月 12

今日はちょっとネタがありません。そういうわけで、どうでも良いと言えばどうでも良いのですが、

教科書 陛下“呼び捨て” 小6社会3社、皇室軽視強まる – MSN産経ニュース

ふーん。
「緒方貞子」に「さん」を付けるのは当然でしょう。「緒方貞子元国連難民高等弁務官」に「さん」を付けるのは変ですけど。
さすが産経って感じです。その産経も他国の場合は “呼び捨て” するようですね。例えば、

英女王が半世紀ぶりに国連でスピーチ NY市民は大歓迎 – MSN産経ニュース

一部で話題になっているように、産経の中の人も「知的訓練を受けていない人が発信する楽しみを覚えた」ということなのでしょうかねぇ。

 

Posted: 1月 12日 2011 at 6:52 1,906 views   

preload preload preload