7月 31

昨日は、久しぶりにマツダスタジアムへ。

先発の篠田は初回から不安定。どうなることかと思っていたら、あれよあれよと8回まで無失点の投球。

完封かを狙わせるのもありかと思いましたが、最終回はやはりサファテ。

安心して見ることが出来ました。勝利の瞬間を心安らかに待つというのは、やはり良いもんですね。
昨日の試合はこの二人に尽きます。篠田はこれで4勝。まだまだ二桁狙えます。と言うか、二桁いってもらわないと困ります。

一方の攻撃陣。

倉と (タイムリー時の写真じゃなくてごめんなさい)

丸の

のタイムリーで2回に3点取りました。赤松の足や東出が上手くつないだとか、いい感じで3点先制です。ですが、その後が続きません。栗原が続いていてくれれば、もっと楽な試合だったのですけどねえ。

その後も、さして調子が良いとは思えない伊藤準規に無得点に抑えられました。
チャンスは何度もあったのですよ。中日の内野守備がおかしかったのか、グラウンドが味方してくれたのか、カープの選手が塁を賑わすわけです。しかし、あと1本が出ず、昨日もまた残塁の山を築いてしまいました。

勝ったことは勿論良かったことですし、嬉しくもあります。ただ、今後に不安が残る試合でもありました。そこで今日、昨日の勝ちを意味あるものとするためにも、スッキリと勝って欲しいですね。
誰が先発するのかわかりませんが、赤松をセンターに起用すれば外野の守備にも1本筋が通りますし、最後はサファテも控えています。じたばたせずにどっしりと戦って欲しいですね。

 

Posted: 7月 31日 2011 at 8:41 1,989 views   Tagged with:




7月 24

Mac OS X 10.7 Lion がリリースされましたね。いつもなら飛び付く私ではありますが、今回は未だに様子見です。現在使っているアプリの対応状況を確認してからと思っているわけです。

App Compatibility Table – RoaringApps に各種アプリケーションの対応状況がまとめられています。必ずしも最新というわけではないようですが、参考にはなります。例えば、1Password は 3.6.1 が未対応ということになっていますが、Version 3.6.5 で対応したようです。

Mac OS X 10.7“OS X Lion”対応についてのご案内 | ニコンイメージング

で、Nikon の各種ソフトウェアの対応が確認が出来るようになれば一歩前進。あと大物は VMware Fusion 3 くらいですかね。

Carbon EmacsMacPortsiTerm といったところが使えそうなことは、私にとっては重要ポイント。

ただねぇ、こんな使い方をしている私にも Lion はメリットを提供してくれるのでしょうか。27インチの画面に Emacs だの、iTerm だのが並んでいるのですけどね。ターミナルを全画面で使ってもねぇ。Emacs ならそれもありかな。そうなると Mac OS X 環境と言うより、Emacs 環境って感じで、意味がわからないことになってしまいそうです。

 

Posted: 7月 24日 2011 at 14:11 2,505 views   Tagged with:


7月 21

Firefox 5.0.1 がリリースされました。詳しくはリリースノートをご覧ください。次世代ブラウザ Firefox – 各国語版のダウンロードから、Mac, WIndows, Linux の各国語版がダウンロードできるようになっています。

メインの iMac を入れ替えなどで遅くなりましたが、いつも通り Intel Mac 用に build してみました。こちらにある firefox-5.0.1.source.tar.bz2 を利用しています。

32bit 版と、64bit 版を build しています。Firefox 5.x Intel Mac build – KNCN Wiki からダウンロードしていただけます。出たばかりの Lion では試しておりません。お試しになる際は、MultiFirefox 2.2 等で、プロファイルを使い分けられた方がいいかもしれません。

一部のアドオンは対応していませんが、Add-on Compatibility Reporter などで互換性確認を無効にすれば、それなりに動いたりします。

この build は英語版です。こちらから ja-JP-mac.xpi をインストールし、about:config で general.useragent.locale を ja-JP-mac としていただければ、メニューなどが日本語になります。

 

Posted: 7月 21日 2011 at 6:36 3,269 views   Tagged with:


7月 19

九州新幹線で鹿児島まで来て、黒豚を食べて一泊。連休2日目は肥薩線の観光列車を乗り継ぎました。
この肥薩線、最初は人吉本線、全通時は鹿児島本線だったそうです。計画当時は日露戦争が懸念される時期だったため、艦砲射撃が懸念される後の鹿児島本線である海側のルートを避けて山の中のルートが選ばれたそうです。よくもまあ、こんな難所にレールを敷いたものだと思います。
その歴史故か、古い駅舎が現存していたりします。その代表が嘉例川駅。

観光スポットとして人気あるようです。鹿児島中央駅から吉松駅までをつなぐ名ばかりの特急「はやとの風」はこういった駅でゆっくりとした停車時間を取ってくれます。

ここまではさしたる難所はありませんが、吉松駅・人吉駅間は当時の鉄道にとってはかなりの難所。ここをつなぐ観光列車が「いさぶろう・しんぺい」。

いさぶろう号が吉松駅行きの下り、しんぺい号は人吉駅行きの上りです。この「いさぶろう・しんぺい」は一部指定席ということになっていますが、自由席はホントの一部。全席指定と思った方が良いかと。
乗車したのはしんぺい2号。途中駅は3駅だけですが、ここは見所満載。日本三大車窓の一つもありますし、スイッチバックは2カ所。そのうち一つは、日本でここにしかないというループ線内にあるスイッチバック。鉄道ファンの方も、そうでない方も、一度お乗りになることをお勧めします。

人吉は私が好きな街の一つです。相良氏以来の歴史もありますし、ゆったりと時が流れているような感じがします。住むと行くとでは事情は違うのでしょうけど、こんなところに居を構えるのも悪くはないかもしれません。今回は昼食をとっただけでしたが、またゆっくりと訪れてみたいですね。

人吉駅からは「SL人吉号」。

乗るのは2度目ですが、前回は人吉駅から新八代駅まででした。今回は終点の熊本駅までのんびりと。鹿児島本線ではもっと爆走するのかと思いましたが、思いの外ゆっくり走ってくれました。爆走は爆走で良いのですけどね。
乗車していて目につくのが、SL に向かって手を振る沿線の人たち。以前大井川鐵道でも同じような光景に出会いましたし、山口線も同様でした。SL に手を振るのは、日本人の性なのでしょうかねえ。
と、思っていたら、SL 人吉に向けて手を振る運動をしているのだとか。微笑ましい運動ですね。手を振るだけではなく、クルマで追いかけてくる人たちもいらっしゃいました。

停車駅に先回りして盛り上げてくれたり、列車に併走したり。これはこれで楽しそうなのですが、ちょっと危ないかなと心配になりました。

熊本駅で9年ぶりのナゴヤドームでの三タテを確認したあと、みずほで帰広。いやぁ、早いですね。熊本から2時間かからずに広島まで帰ってくるのですもの。時間的に近くなったことは嬉しいことです。ただ、やはり、旅情は感じにくくなりますね。「夜汽車」と呼びたくなる夜行列車は既に絶滅危惧種ですし、のんびりと長距離を移動できる列車を恋しく思ったりもします。

 

Posted: 7月 19日 2011 at 6:40 2,841 views   Tagged with:


7月 18

この連休に九州新幹線に乗りに行きました。
3連休ということもあり、午前中の「みずほ」は切符が取れませんでした。仕方なく、博多までは「のぞみ」博多から「さくら」に乗車です。

鹿児島がこんなに近く感じられるとは・・・
「さくら」の車輌は「のぞみ」と同じ N700系 ですから、色はともかく外観は目新しいものではありません。が、内装は JR 九州らしく「木」を感じさせるもの。2+2列の座席配置や肘掛けにあるドリンクホルダー、足下の電源など、それなりに快適に過ごせます。乗車時間が短すぎて、堪能できないくらいでした。

で、いつものように乗ることが目的の旅行でしたので、指宿枕崎線を走る特急「指宿の玉手箱」を眺めたり、

鹿児島市電を乗り潰したり、

して、初日を過ごしました。
折角鹿児島に来たのだからと、食にこだわらない私としては珍しく、夕食には「黒豚ロースカツ」を奮発。美味でございました。脂が甘いんですものw

 

Posted: 7月 18日 2011 at 14:46 3,166 views   Tagged with:


preload preload preload