5月 31

ここ最近、iPhone で Sparrow というメールクライアントを使っています。標準の Mail と比べるとサクサク感5割増しってところですし、操作もより直感的です。250円なら出す価値あるかなと思います。
まぁ、IMAP 専用で POP3 に対応していませんので、Gmail や iCloud をメインに使っている方などに対象は絞られてしまいますけどね。IMAP に対応していない ISP のメールアドレスをお使いの場合でも、Gmail 等に転送をするなどで対応できます。それだけの手間暇かける価値はあると思いますね。

と、褒めている Sparrow ですが、もちろん足りないところもあります。その一つがプッシュ通知。私の場合、IMAProwl を使って、Prowl にプッシュしていますので、iPhone でメールが届いたことをほぼリアルタイムで知ることができます。

IMAProwl | KNCN weblog

現在は、お名前.com の VPS(KVM) 上の FreeBSD 9-STABLE で動かしています。

ただ、それはあくまで Prowl に通知されるというだけで、その通知をタップしたところで Prowl が表示されるだけ。Sparrow で当該メールが表示されたらいいのにと思っていましたが、できるんですね。

iPhoneメールアプリ『Sparrow for iPhone』をプッシュ通知から起動する方法(Prowl編) | 代助のブログ

要するに、Prowl でリダイレクトの設定をすればいいってことです。

Prowl の設定ボタンから Redirections > Add a New Redirection で Application Name に IMAProwl の設定ファイル config.yml の Application で設定した名前を、Custom URL に Sparrowの URL スキーム (fb124059057672479://) を入力すればいいようです。

これで、一段と便利になりました。IMAProwl を使う以外にも、Boxcar というアプリを使う方法もあるようですが、

iPhoneメールアプリ『Sparrow for iPhone』をプッシュ通知から起動する方法(Boxcar編) | 代助のブログ

IMAProwl を使うことができる環境がある方にとっては、IMAProwl を使う方がいい気がします。Boxcar にメールを転送するのがちょっと気になるといえば気になりますし。

 

Posted: 5月 31日 2012 at 9:10 2,950 views   Tagged with:




5月 25

これといった理由はないのですが、Mac で使っているパッケージマネージャ(?)を MacPorts から Homebrew に変更しようとしています。FreeBSD に馴染んだ身としては、MacPorts の方が親しみが湧くのですが、最近は Homebrew の方が勢いがあるようですね。

移行したからと言って、特に困ることはないと思っていたのですが、1点だけちょいと困っています。Homebrew には compface がないってことです。
この compface、なんのために必要かというと、Mew で X-Face を使うため。

www.jpl.org/ftp/pub/elisp/ あたりから x-face-e21.el.gz を取ってきて、

% gzip -d x-face-e21.el.gz

で、伸張。あとは、load-path の通ったところに x-face-e21.el を置き、.emacs.d/init.el

;; x-face setting
(autoload 'x-face-decode-message-header "x-face-e21")
(autoload 'x-face-insert "x-face-e21" nil t)
(autoload 'x-face-save "x-face-e21" nil t)
(autoload 'x-face-show "x-face-e21" nil t)
(autoload 'x-face-turn-off "x-face-e21")
(setq x-face-auto-image t)

.mew.el

;; x-face
(setq mew-highlight-x-face-function 'x-face-decode-message-header)
(define-key mew-summary-mode-map "\C-x4s" 'x-face-save)
(define-key mew-draft-mode-map "\C-x4i" 'x-face-insert)
(define-key mew-draft-header-map "\C-x4i" 'x-face-insert)
(define-key mew-draft-mode-map "\M-t" 'x-face-show)
(define-key mew-draft-header-map "\M-t" 'x-face-show)
(setq x-face-default-xbm-file "smoking.xbm")
(add-hook 'mew-draft-mode-hook 'x-face-insert)

と書いてます。

話がちょっとそれましたが、この x-face-e21.el が compface を使うわけです。その compface が Homebrew には用意されていないようです。使う人が少ないってことなのでしょうかね。
しかたないので、

Compface 1.5.2 – Compface provides utilities and a library for converting to and from the X-Face…

から compface-1.5.2.tar.gz を取ってきて、

% tar xvzf compface-1.5.2.tar.gz
% cd compface-1.5.2
% ./configure
% make
% su
# make install

で、/usr/local/bin/compface /usr/local/bin/uncompface の出来上がりです。

あ、もっとも、x-face-e21.el でも compface を使わない方法があるようです。試してませんけど・・・

 

Posted: 5月 25日 2012 at 13:08 2,813 views   Tagged with:


5月 21

最近 Android 版のアプリもリリースされましたので、ご存じの方も多いと思いますが、Instagram なる写真共有サービス(?)があります。撮影した写真を iPhone でチョコッと加工して気軽にアップロードできるところが気に入ってます。気軽ってところが重要だったりしますね。
ただ、時には iPhone で撮影した写真ではなく、ある程度しっかりした写真をアップできたらいいなと思うこともあります。例えば、マツダスタジアムに観戦に行って、D7000 で撮った写真をそのままアップロードできたらいいなと思うわけです。要するに、D7000 から iPhone に写真を移すことさえできれば、私の要望は実現できると言うことです。

で、FlashAire というブツを手に入れました。無線LAN機能と web サーバ機能を併せ持った Class6対応・8GB の SDHC カードです。iPhone の Safari からこのカードに無線LAN経由でアクセスすれば、記録された画像を iPhone にダウンロードでき、後は iPhone 側で自由に扱えるというわけです。

届いたブツは、v1.00.00。このバージョンは、D7000 では上手く動きませんでした。無線LAN搭載SDHCメモリカード FlashAir(TM)ソフトウェア更新ツールダウンロード 使用許諾契約書 | 東芝 Pocket Media からツールをダウンロードして、V1.00.01 にバージョンアップすると D7000 でも問題なく動作するようになります。Mac 版のツールが用意されているところも、ちょっと好感持てましたw

現場で、無線LAN経由で http://flashair/ にアクセスし、

から、フォルダをたどれば

こんな画面から、SDHC カードに保存された写真を選んで iPhone にダウンロードできます。

こんな写真も Instagram にアップできるようになるわけです。非常に満足してます( ^_^)

とは言え、不満点がないわけではありません。
まずは、D7000 で使う場合、ライブビュー撮影機能を有効にしないと、無線LAN機能が起動しないこと。普段ライブビューを利用しない私にとっては、ちょっと不便に感じてしまいます。ま、一度起動してしまえば大丈夫なのですけどね・・・
今ひとつは、D7000 で SDHC カードをフォーマット(初期化)すると、設定した SSID やセキュリティキーも初期化されてしまうことですね。
最後にもう一つ、Class6 故なのか、若干遅さを感じること。

ま、そんな不満点がありながらも、いい買い物をしたと満足している私です。

参考までに、私が Instagram にアップロードした写真は@ippokn の写真一覧 | Webstagram (ウェブスタグラム) – インスタグラムをパソコンで見れるサービスでご確認にいただけます。

 

Posted: 5月 21日 2012 at 21:07 5,719 views   Tagged with:


5月 20

今シーズン二度目の観戦は、既に交流戦に突入して、地元での楽天戦を1勝1敗で終えた対日ハム戦。

15時から試合開始ということで、久しぶりに早めにマツダスタジアムに入りました。一番搾りフローズンを飲みたかっただけですが・・・ 残念ながらその一番搾りフローズンを売っているワゴンは、指定席着席と同じく、試合開始2時間前にしか開きませんでしたけど・・・

試合前に目を引いたのは、グラブをはめた前田の姿。

久しぶりに見た気がします。

試合の方と言えば、これまで援護に恵まれてこなかった野村が先発。

この立ち姿が、安定感の源でしょうか。

一方は、何かを「もってる」サイトーユーキ。

野村の好投とカープの貧打のおかげで、試合は淡々と進みます。今日もまた野村の好投を見殺しにするのかと思い始めた6回の裏、梵がやってくれました。

均衡を破るソロホームラン。続く小窪もヒットでチャンスを作り、2死満塁までこぎ着けます。しかしここでも後1本が出ず、1点止まり。松山の場面で代打前田はなかったですかね。私たちの後の席の声の大きめなオジサンを叫んでいらっしゃいましたし、私もここかと思ってましたけどね。

この1点を、野村−ミコライオ−サファテのリレーでなんとか守りきり、本当に久しぶりの連勝。今日も勝って3連勝と行きたいところですが、この得点能力の低さを考えると、昨日のように0封でもしない限りは難しいのかと思わずにはおれません。たまには投手に楽をさせて欲しいものです。

 

Posted: 5月 20日 2012 at 6:56 1,529 views   Tagged with:


5月 18

テレビを買った – デオデオ | KNCN weblog わけですが、今日配達していただきました。

私の部屋には、CATV のチューナーと、未だ解約できずにいる「ひかりTV」のチューナーと、その他もろもろがあるのですけど、それを全てつないでくれようとしていただきました。ま、そこは自分でやった方がスムーズだと思いましたので、ご丁重にお断りしましたが、さすがデオデオですなと思ったわけです。
で、それぞれのブツをテレビにつないで、すぐさま画面が表示されることに喜んでいたりしますw

ところで、それぞれのブツごとにリモコンを使うのも不便なので、SONY の RM-PLZ430D を使っています。このリモコンに VIERA TH-L37C3 のリモコン N2QAYB を登録するのが一番時間がかかりました。取扱説明書ダウンロードサービスで取説を見てみましたが、「一発!初期設定」では上手くいきませんでした。メーカー番号から設定して、後は一部ボタンを個別に設定したりして・・・
音量とか、入力切替とか、オフタイマー辺りが動作すればいいだけですので、そんなに困ったわけではありませんけどね。

元のテレビにつないで、DVD プレイヤーとしてしか使っていなかった初代 Mac mini をどうする有効活用するかというのが今の悩み事w

 

Posted: 5月 18日 2012 at 20:56 1,663 views   Tagged with:


preload preload preload