8月 07

Firefox OSアプリ開発ガイドmigemo 繋がりってことで、今日は Firefox のアドオン、XUL/Migemo の話題。
このアドオンは、いちいち漢字に変換しなくても、ローマ字で「kanzi」と入力するだけでそのまま「感じ」とか「幹事」とか「漢字」とかを検索できるようになるものです。
XUL/Migemo :: Add-ons for Firefox にあるバージョン 0.13.6 は、Firefox 3.6.x までしか対応していません。3.6.28 及び 4.0 が昨年の3月リリースですから、一年以上も最新の Firefox に対応出来ない状況が続いています。バージョン誤魔化したりして使っていたのですが、それも限界があり、暫く使わずに過ごしていました。

migemo 関係を検索している過程で、http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/nightly に開発版が有ることを発見。バージョンは、0.13.6+.2013051000a134059 ってなってます。
Firefox 22.0 で無事使えております。

最近では、ブラウザとしての Firefox よりも Firefox OS の方が話題になってるみたいですね。iOS や Android に対抗するほどの勢力になるとは思えませんが、ちょっと興味はありますね。安価に SIM フリーの端末が手に入るのであれば、+α として持ってもいいかなと。早くても来年以降の話でしょうけど。

 

Posted: 8月 7日 2013 at 11:11 4,835 views   Tagged with:




4月 06

Mac からこの weblog を運用しているサーバにログインなどをするために、ssh を使っているのですが、これまでタブが使えるターミナルである iTerm を便利に使っておりました。iTerm2 というのもあって、これも使えないわけではないのですが、長く使ってきた iTerm の方がいろいろと馴染んでいたりします。
まぁ、特別な機能が必要なわけではなく、ssh で普通にログインできればいいだけなのです。Windows では専用のアプリケーションを用意しなければならなかったりするのでしょうが、Mac OS X であれば標準の「ターミナル」でログインできますし、iTerm のような便利なターミナルからも特別なことをしなくても利用できます。そんなところも、私が Mac に転んでしまった理由だったりします。
ま、このあたりは私の不勉強のせいで、今時の Windows であれば、フツーに出来ることなのかもしれませんけど。

そんなわけで、iTerm で ssh に困っているわけでもなんでもないのですが、FireSSH – The Free SSH Client for Mozilla Firefox なるものを試してみました。FTP クライアントとして常用している FireFTP – The Free FTP Client for Mozilla Firefox の姉妹品(?)らしく、同じように Firefox 上の一つのタブで動作するところが嬉しいところです。

「ツール」から起動すると、

といった画面が表示されますので、必要な項目を入力して接続すると、

これでもかという感じの、広い画面が嬉しいですね。SSH protocol 2 with DSA に対応しているようですので、RSA にも対応しているのでしょうね。
最低限の接続に関する設定は出来ますが、見た目はフォントやバックグラウンドの色の調整くらいしかできません。フォントの大きさくらいは調整できてもいいのになぁと思ってしまいます。使用上、不満があるわけではないのですが、このあたりは今後にちょっと期待したいですね。

で、Windows では試していないのですが、問題なく使えるのであれば、Windows 上での手軽な SSH クライアントとして期待できるものかもしれません。Windows 上で ssh を使わなければならなくなるという「もしも」のために、ThinkPad X61s には Poderosa がインストールされています。ほとんど使う場面はないのですが、Firefox 上のアドオンで済むのであれば、便利かなぁと・・・

 

Posted: 4月 6日 2011 at 6:27 3,975 views   Tagged with:


9月 23

この Weblog で使っている WordPress、投稿画面に accesskey が設定されているために、太字 (Bold): [Control]+[B] 等が割り当てられていています。Windows ではあまり問題にならないのかもしれませんが、Mac 上で Emacs 風のキーバインドを使いたい私にとっては、鬱陶しいことこの上ない状態です。そのため、WordPress でも Emacs 風キーバインド | KNCN weblog で記したように、Greasemonkeybulkitem Diary – HTMLからaccesskeyを取り除くuserscriptを修正した , 特定の名前のファイル(ディレクトリ)を削除するにある Accesskey remover を使わせていただいていました。

ところが、Greasemonkey は未だ Firefox 4.x に対応しておりません。作者は google の方らしいので、今後にも不安を覚えてしまいます。そうなると、別の方法で accesskey を無効にしなければならないなぁと考えておりました。ま、ちょっと検索してみたら、簡単にその方法が見つかったわけですけど・・・

about:config で、ui.key.generalAccessKey が初期値「-1」になっているのを「0」にすればいいだけ。
こんなに簡単な解決方法があったとは・・・

ちなみにこの方法、Firefox 3.6.9 でも使えております。
これで、Firefox 4.x に移行するための敷居が一つ下がりました。Firefox をもっと Emacs 風に | KNCN weblog で紹介した KeySnail も 1.6.9 が対応バージョンを誤魔化せば Firefox 4.0b6 で動作しています。Tab Mix Plusこちらにある開発版は既に Firefox 4.0b6 でも使えております。
あとは、AutoFormerMake Link が対応してくれれば、Firefox 4.x にとりあえず移行できそうです。Make Link 10.8 は、対応バージョンを誤魔化しても Firefox 4.0b6 で使えませんでしたけど・・・

 

Posted: 9月 23日 2010 at 19:27 3,016 views   Tagged with:


3月 06

Firefox 3.5.x 以来(?)、久しくまともに使えなかった AutoFormer が 0.4.2.1 にバージョンアップ。3.6 でも無事使えるようになりました。

このアドオンは、各テキストフォームの入力内容をクッキーに保存し、必要時にメニューから再入力できるモノです。クッキーに保存してくれるわけですから、再入力する必要がない場面も多いですし、パスワードの保存でまかなえないテキストフォームも保存してくれるのですから便利といえば便利。逆に言えば、怖いといえば怖いモノだったりします。
まぁ、使うところを間違わなければいいのでしょうけど。

 

Posted: 3月 6日 2010 at 8:17 2,831 views   Tagged with:


2月 20

Firefox 3.6 にして以来、起動時に2つしかタブが開かないことに悩んでおりました。以前「起動時にタブが2つしか開かないのは、私の環境のせい?」と書いたりしてます。ホームボタンを押せば、きちんとホームページに設定した複数のタブが開きますので、何でかなぁと思っておりました。
私の build だけではなく Windows 機でも起こっておりましたし、ワンクリックで事態は改善しますのであまり困っていなかったこともあり、まじめに原因を追及することもしておりませんでした。

で、結局 Tab Mix Plus のせいだったようです。Index of /dev-builds に置いてある tab_mix_plus-0.3.8.3pre.100213.xpi では、この現象はなくなりました。

当たり前のように Tab Mix Plus をインストールしていますので、気づくのが遅れてしまいました。
まぁ、抜けてる私はいつもこんなモンです。

 

Posted: 2月 20日 2010 at 9:39 2,228 views   Tagged with:


preload preload preload