10月 27

四国旅行の3日目は、土佐電気鐵道。後免駅から土佐くろしお鉄道を一駅だけ乗って後免町駅(ありがとう駅)へ。すぐ傍らに土佐電気鐵道の後免町駅があります。
ここで一日乗車券を手に入れ乗車。800円で全線乗り放題ですから得した気分です。あ、この乗車券は車内でも購入できるそうです。

はりまや橋電停で乗り換え桟橋通方面へ。

鹿児島の市電もそうでしたが、所所に芝生が植えてあります。
桟橋通五丁目が終点です。そのまま折り返すのも恥ずかしいので一駅分歩くことにしましたが、ほぼ交差点を渡るだけで桟橋車庫前に到着。

結局、同じ電車でしたけど・・・
そのまま今度は高知駅前へ。

ここから伊野方面へ向かいます。たまたま枡形行きの電車が止まっていましたのですぐに乗車。枡形の電停側で一服して伊野へと向かいます。
鏡川橋を過ぎると単線になるのですね。

伊野駅前を過ぎて終点伊野。伊野駅前の電停からは徒歩1〜2分の距離ですけどね。

JR伊野駅までちょいと歩いて高知駅へと引き返しました。

帰りの児島駅までのグリーン券を確保して、駅前辺りをちょいと散策。
とりあえず名所だからとはりまや橋を見学しましたが・・・

えぇ…と、車で通ってもわかりません( ^_^) 是非徒歩で・・・

そう言えば、高知駅はなかなか素敵です。

駅前の某ホームセンターさえなければ、もっといい感じかもしれません・・・
某ホームセンターの関係者の方、ごめんなさい。

この3日間、疲れましたが楽しい日々でした。これで四国の鉄路は完全制覇。
次は中国地方の完乗を目指しましょう。残るは岡山電気軌道だけ(^-^*)

 

Posted: 10月 27日 2012 at 0:17 2,084 views   Tagged with:




10月 25

四国旅行2日目は松山から宇和島へのアンパンマン列車で始まりました。

外から見たことは何度もあるのですが、乗車は初めて。

中もこんな感じです。残念ながらグリーン席は通常のシートでしたけど( ^_^)

宇和島からは予土線。ホビートレインに乗車しました。

北宇和島駅から幼稚園児とお母さんの段台が大量乗車。海洋堂ホビー館へ行かれるのかと思いましたが、残念ながら(笑)おさかな館が目的地だったようです。

何故だか好きなんですこの路線。元々は宇和島線だったそうですが、宇和島方面から伸びて全通したのが1974年。当時国鉄中村線の若井駅、正確には川奥信号所まで、四万十川水系を見ながら進む路線です。
全通が1974年と遅いこともあって、通常のローカル線とはちょっと違います。新幹線のような路線なんです。土佐昭和駅から土佐大正駅の間とか、橋梁とトンネルだけで四万十川を串刺しにするように走ります。

良く言えば、左右どちらに座っても四万十川の流れが堪能できます。ま、勿論、そんな車窓ばかりじゃありませんけどね。

高知県が残すことを決めているという沈下橋を眺めることができる場所もあります。

前述の川奥信号所を過ぎて終点の窪川駅へと向かいます。

左が予土線、右が土佐くろしお鉄道中村線。中村線はトンネル内でループしています。

窪川駅からは特急グリーン車を乗り継いで大歩危駅へ。高知県は「海」のイメージがあるのですが、鉄道を乗っていると山深い県だなぁと感じずにはおれません。

大歩危駅は徳島県。

こっちは吉野川水系ですね。
私としては珍しく、観光してみました。舟下りに挑戦です( ^_^)

船着き場からの眺めです。

変成岩が同じ角度で層をなしています。それが水蝕されて見事な眺めを見せてくれます。小歩危は角度が逆なのだとか。

ライオンっぽいですかね?

川鵜もいました。

もう1ヶ月遅ければ見事な紅葉も拝めたことでしょう。
ただね、私の誕生日は10月なんですよね・・・

 

Posted: 10月 25日 2012 at 21:14 2,130 views   Tagged with:


10月 24

3連休が取れたので、ちょっと四国まで来ています。1万円で3日間グリーン車乗り放題という JR四国の「バースデイきっぷ」を使って。
この切符、誕生月の人と一緒であれば合計4人まで利用できるという優れもの。あ、私は一人旅ですけど。

JR四国の入り口と言えば、児島駅。高速バスとマリンライナーを乗り継いでたどり着きました。岡山IC手前で工事渋滞に遭遇してしまい、余裕を持った予定を組んでて良かったなと。

その児島駅で、マリンライナーや

南風や

アンパンマン列車

を眺め、しおかぜ7号のグリーン車でゆったりと松山に向かいました。

2+1の3列シートは快適でした。

松山に来たのは伊予鉄道を乗りつぶすため。以前、坊ちゃんスタジアムに来た時などに一部乗車していますので、残りは郊外電車の郡中線と横河原線、市内電車の環状線と本町線です。
この伊予鉄道、高浜線は四国初の鉄道として1988年に開通したそうです。(全通は1892年) 会社設立は前年の1988年。今年の9月14日で125年ということで、「1」「2」「5」とラッピング(?)された電車も走っていました。

まずは郡中港駅へ。

この郡中港駅、JR の伊予市駅のすぐ側なんですね。事前に調べていればもっと効率的に廻れたのに・・・

いいですね。郊外電車はどの線も3両編成のようですが、地方の私鉄って感じが漂ってます。落ち着きます。

郊外電車を乗りつぶし、松山市駅から市内電車に乗車。
環状線は市内電車と言いながら、一部専用軌道を走ります。単線ですけど・・・
本町線も単線。こちらは交換設備もないためでしょうか、30分間隔での運行。私の足でも、30分あれば歩ける距離だったりしますけどね。

今日はそのまま松山泊。明日は宇和島経由で予土線、土讃線へと向かう予定です。

 

Posted: 10月 24日 2012 at 20:42 1,983 views   Tagged with:


12月 26

昨日は、信楽高原鉄道に乗ってきました。
元々は国鉄信楽線であるこの鉄道、草津線の貴生川駅から信楽駅までを結ぶものです。名前の通り、貴生川駅からどんどん登って信楽盆地に至ります。全長 14.7km の路線ですが、貴生川から最初の駅である紫香楽宮跡までが、9.6km。残りが 5.1km ですから、信楽盆地と麓をつないでるって感じです。

その信楽ですが、陶器の町としても有名ですし、紫香楽宮・甲賀宮といった歴史の町としても有名です。あちこちを放浪した天皇聖武がならの東大寺の前に大仏を作ろうとしていたという話もありますし、まかり間違っていれば、都として後世に名を残したかもしれません。

普段は単行、土日には2両編成になることもあるのだとか。
また、米原・貴生川駅間の近江鉄道本線とともに改良の上、信楽駅から片町線の京田辺駅まで延伸する構想もあるそうです。

びわこ京阪奈線(仮称)鉄道構想/滋賀県

構想としては面白そうですけど、まぁ、実現性は乏しそうですねえ。

 

Posted: 12月 26日 2011 at 11:01 2,140 views   Tagged with:


7月 18

この連休に九州新幹線に乗りに行きました。
3連休ということもあり、午前中の「みずほ」は切符が取れませんでした。仕方なく、博多までは「のぞみ」博多から「さくら」に乗車です。

鹿児島がこんなに近く感じられるとは・・・
「さくら」の車輌は「のぞみ」と同じ N700系 ですから、色はともかく外観は目新しいものではありません。が、内装は JR 九州らしく「木」を感じさせるもの。2+2列の座席配置や肘掛けにあるドリンクホルダー、足下の電源など、それなりに快適に過ごせます。乗車時間が短すぎて、堪能できないくらいでした。

で、いつものように乗ることが目的の旅行でしたので、指宿枕崎線を走る特急「指宿の玉手箱」を眺めたり、

鹿児島市電を乗り潰したり、

して、初日を過ごしました。
折角鹿児島に来たのだからと、食にこだわらない私としては珍しく、夕食には「黒豚ロースカツ」を奮発。美味でございました。脂が甘いんですものw

 

Posted: 7月 18日 2011 at 14:46 3,007 views   Tagged with:


preload preload preload