1月 02

正月早々、青春18きっぷを使って門司港まで行ってきました。天気予報ではちょっと心配だったのですが、なんとか
濡れずにすみました。

まずは門司港駅。

なかなか趣がある駅舎です。
元々は門司駅。関門トンネルの開通によって、現在の門司駅に名を譲って門司港駅になったそうです。九州鉄道の0哩標がこの駅にあります。

門司港レトロをブラブラと歩いてきました。

正面に見えるのが、旧門司税関。
その後、和布刈神社を目指して「しおかぜの路」をのんびりと。

関門橋は雄大でした。

ところで、門司港というと「門司港レトロ観光列車 トロッコ【潮風号】/やまぎんレトロライン」。冬期は運行していませんので、今回は線路を眺めただけです。夏場にでも乗りに行かなきゃいけないなぁ。

作事主撮影した写真の一部を 2010 秋・冬 KNCN Photo Album に載せております。よろしければ、ご覧下さい。

 

Posted: 1月 2日 2011 at 21:43 4,007 views   Tagged with:




10月 16

四国旅行3日目は「ことでん」こと高松琴平電気鉄道です。

昨晩泊まった中村から「南風10号」で琴平駅までリッチにグリーン車。

DSC_7667

滅多に乗れないグリーン車ですので、満喫しました。高知駅まではグリーン車独り占め状態。バースデイきっぷってなかなか良いものです。

JR 琴平駅から徒歩5分弱。琴電琴平駅です。

DSC_7671

金比羅さんにも足を伸ばせばよかったのですが、あまり時間がなかったので駅に直行。
1日フリーを購入していざ「ことでん」乗り潰しへ。

DSC_7673

琴電のターミナルとも言える瓦町駅までのんびりと車窓を眺めて過ごしました。
瓦町駅は、琴平線、長尾線、志度線が別れるところ。高松天満屋などが入居する琴電瓦町ビルの1階部分にホームがあります。

DSC_7689

が、志度線だけはちょっと離れています。動く歩道で結ばれていますので、乗換にさほど時間が必要なわけではありません。

DSC_7684

志度線は一部ですが海を眺めることも出来ます。

DSC_7682

これまたのんびりと良い感じです。

昨日撮った写真の一部を 2009年 秋・冬 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

 

Posted: 10月 16日 2009 at 0:16 3,041 views   Tagged with:


10月 15

昨日は高知県は中村へ足を伸ばしています。中村は自治体で言えば「四万十市」。平成の大合併のせいなのですが、隣には「四万十町」があったりします。

まずは予土線で窪川へ。正式には若井までが予土線で、若井・窪川間は土佐くろしお鉄道の路線です。もっと細かいことを言えば、川奥信号所・若井間は両線の共用区間だそうです。
この予土線は、江川崎駅までは四万十川支流の広見川に沿って、その後は四万十川を縫うように敷設されています。この江川崎駅あたりも中村と同じ「四万十市」。その後「四万十町」に入ってこれまた四万十町の窪川駅に到着です。

窪川駅からは、岡山からやってきた「南風3号」で目的地中村へ。この南風3号、アンパンマン列車で運行されています。

DSC_7620

中村駅前のレンタサイクル屋さんで自転車を借り、まずは佐田沈下橋を目指します。川面を眺めながら、のんびり自転車をこいで40分弱。なんて健康的なのでしょう。

DSC_7627

沈下橋というのは、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことだそうです。この佐田沈下橋は、四万十川の中では最も下流にあるものだそうです。

DSC_7632

またのんびりと中村の街へ取って返しました。
この中村、かつては土佐一條氏の城下町でありました。関白一條教房が、応仁の乱の混乱を避け京都から所領であった土佐幡多荘に下向し、その次男一条房家が京都に戻らず在地領主となり京都さながらの街を築き上げたことが発端だそうです。
中村城跡や郷土資料館もあるのですが、山の上。自転車で上るのはちょっと辛そうでしたので、そこはパス。とは言え、一條氏にちなんだ神社仏閣がいくつかあります。

一條神社とか、

DSC_7639

不破八幡宮とか、

DSC_7652

太平寺などなど。

DSC_7661

佐田沈下橋も含めて3時間弱。自転車で廻るにはちょうどいい感じの街でした。

で、今日はこれから「南風10号」で琴平まで。金比羅さんに行くわけじゃありませんけど・・・

昨日撮影した写真の一部を、小京都 KNCN Photo Album2009年 秋・冬 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

 

Posted: 10月 15日 2009 at 0:51 2,986 views   Tagged with:


10月 14

そういうわけで昨日から四国に来ています。まずは坂出駅でバースデイきっぷを手に入れ、宇多津駅へ。ここは予讃線と備讃線が合流する駅です。

DSC_7515

右から近づいているのが、高松駅発の「いしづち11号」。この後左の線路から岡山駅発の「しおかぜ7号」がやってきます。ここ宇多津駅で連結され、ともに松山駅を目指すわけです。
せっかくのバースデイきっぷですので、しおかぜ7号のグリーン車で松山駅まで約2時間。2列 & 1列の快適な座席でゆったりさせてもらいました。

松山駅からは「宇和海11号」で最初の目的地伊予大洲駅へ。ここは伊予の小京都と呼ばれているところです。以前一度この駅で途中下車したことがあるのですが、その際は駅の周りをちょっと歩いただけでした。今回は少しゆっくりしてきました。

まずは、伊予宇都宮氏が築城したとされる大洲城を訪ねます。

DSC_7531

明治時代に取り壊された天守が、2004年に復元されています。
忠実に復元されているようで、天守に上がる階段はかなり急です。ちょっと怖いくらいですね。

DSC_7548

天守に上がっても、さほど眺めがよいわけではありません。高欄櫓のほうがいい感じです。

DSC_7538

他にも、NHK朝のテレビドラマ「おはなはん」のロケが行われたことから名づけられたという「おはなはん通り」や

DSC_7578

明治の家並みなど、見所はたくさんあります。

DSC_7587

おおず赤煉瓦館や臥龍山荘を訪れるのもいいでしょう。

DSC_7599

こういった観光化されたところだけではなく、フツーのお店が雰囲気あるのもいいところです。

DSC_7602

昨日撮影した写真の一部を、小京都 KNCN Photo Album2009年 秋・冬 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

 

Posted: 10月 14日 2009 at 0:01 3,049 views   Tagged with:


7月 13

昨日の「九州小京都巡り 2日目 その1」の続きです。

そういう訳で、「態度のでかいおばちゃん」さんの要望に応えるべくお土産を購入することにしました。帰る途中に博多にでもよって買えばよいのですが、確か前回九州に来た際も博多の土産物でお茶を濁しましたので、今回は別の場所で。
幸い、「ゲキ★ヤス 土日乗り放題きっぷ」ですから、九州内の特急も乗り放題。おまけに時間もそれなりにあります。小城駅から佐賀駅まで引き返すと、かもめ15号・みどり7号・ハウステンボス7号を捕まえることが出来ました。そうなると行き先は、長崎 or 佐世保 or ハウステンボスということになりますが、どうせなら一番乗車時間が長いかもめ15号で長崎に向かうことにしました。

肥前鹿島駅直前の踏み切り置石のため、10数分遅れて長崎駅に到着。20数年ぶりに訪れた長崎駅はとても開放的な駅になっていました。

DSC_6262

もっとも、当時の記憶があるわけではないのですが・・・
駅の改札を出て正面にある「アミュプラザ長崎」で土産を買ったついでに、昼食にしようと 5F「アミュちゅうぼうー」に上がってみました。ところが、日曜日のお昼時、どこもかしこも待ち行列。食にあまりこだわりのない私は、並んでまで食べるなんてことはする気もありません。KIOSK でパンと缶コーヒーを買って、シーサイドライナーに乗り込みました。

DSC_6303

このシーサイドライナー、基本キハ200系またはキハ66・67系に専用色塗装を施した長崎・佐世保間を大村線経由で結ぶ快速列車です。特別な装備があるわけではないのですが、古いキハ66・67系も転クロに改造されなかなか快適でした。
大村湾を眺めながらパンと缶コーヒーで腹ごしらえ。

DSC_6278

終点の佐世保駅まで乗車しようとも考えましたが、せっかくの機会ですので、まだ降りたことのないハウステンボス駅で下車。

DSC_6313

対岸のハウステンボスとは橋で結ばれています。多少時間に余裕はあったのですが、対岸には渡らず橋の上から眺めただけで駅に引き返し、ハウステンボス20号で帰宅の途につきました。

DSC_6335

昨日撮影した写真の一部を 小京都 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

 

Posted: 7月 13日 2009 at 0:41 3,109 views   Tagged with:


preload preload preload