10月 11

昨日は早朝からお出かけ。鉄道の日記念「乗り放題きっぷ」を使ってちょいと出かけてきました。

最初の目的地は姫路。広島から山陽本線をひたすら東へ。
姫路まで何を死に入ったかというと、ほぼ、昨春から姫新線に投入された 127・122系気動車を眺めるためだけです。

車内は 1+2列の転クロシートです。車両に特別な興味があるわけではありませんので、さらっと写真を撮って終り。

その後、その姫新線に乗って本竜野駅へ。本竜野駅は「播磨の小京都」と呼ばれる、龍野の最寄り駅です。山陽本線に「竜野駅」がありますが、龍野の町並みに行くのでしたら、こちらの「本竜野駅」ということになります。
ところで、市の名前は「たつの市」、駅の名前は「本竜野駅」と「竜野駅」、地名は「龍野」なのですね。

あまり時間がありませんでしたので、龍野の町を急ぎ足で歩いただけで終わってしまいました。こういうところは、のんびりと来るところなのでしょうけどねぇ・・・

その後は、姫新線に再び乗車し、佐用駅からは中国山地の路線ではデフォルトとも言えるキハ120単行で、津山駅・新見駅と姫新線を走破。始めてというわけではないのですが、前回乗車した時はかなり混んでいてたちっぱなしだったような記憶が・・・ 昨日は、日曜ということもあって、車内は結構ゆったりでした。
暗くなってきた新見駅からは、芸備線走破へ。正確には備中神代駅からですけど。

ここからはゆったりではなくガラガラ。日に3往復しかない東城駅・備後落合駅間は、私と同じく乗り放題きっぷ利用だと思われる方くらい。かつては急行も走っていた路線なのですけどねぇ。

それにしても疲れました。キハ120のシートは結構疲れます。地元負担のキハ122が別路線に投入されることはないのでしょうけど、もう少し改良してくれれば助かりますね。
こう書くと、苦行をしているようでもありますが、本人結構楽しんでます! あっ、乗り鉄じゃないですよ、私はw

 

Posted: 10月 11日 2010 at 7:54 3,041 views   Tagged with:




10月 04

昨日は CARP の地元最終戦。
天気が心配されましたが、試合開始時にはなんとか雨も止み、無事行われました。
で、ちょっと気になったことを冒頭に。スタンドで傘を差すのは止めましょう!

先発は今井。個人的には、今年期待していた投手なのですが、けが等や「簡単に打たれてはいけない。しかし、四球を与えてもいけない」といった方針が合わなかったこともあって、パッとしない1年でした。来年こそはがんばって欲しいものです。

昨日の今井も今年のいつも通り。良い球もあったのですが、全般的に球が高いように見えました。ま、結果もいつも通り。
得点は、岩本の2本のタイムリーによる2点だけ。

これまた、今年よく見た光景でした。

そんな中で目立ったのが、顔の大きい丸の存在。

ユニフォームを泥だらけにして、2安打1四球。来年以降への希望を垣間見せてくれました。
もう一人、最終回に投げた中田廉。

課題はまだまだ多くありますが、本人も希望しているリリーフとして来年以降の活躍が期待されます。
それにしても、最後の打者に石原をそのまま打席に立たせたのはなんとかならんかなぁ。前田とか、會澤翼とか、満員のスタンドが見たい選手はベンチの中のまま。ま、いろいろ御意見はありましょうけど。

試合終了後にはちょっとしたセレモニー。

マウンド後ろに整列して、その後スタンドにサインボールを投げ入れただけ。野村の反省の弁でも聞けるのかと思っていたのですが、見事に外れました。
一昨年、最後の旧市民球場で、宇宙戦艦ヤマトを歌ったのが懐かしい・・・

ところで、昨日戦力外通告された選手が発表されました。

戦力外通告のお知らせ – 広島東洋カープ公式サイト
ご報告 – 広池浩司オフィシャルブログ

毎年のこととは言え、知っている選手が去っていくのは寂しいものです。
それにしても、野村と大野が戦力外になっていないのはなぜ?

 

Posted: 10月 4日 2010 at 0:03 2,422 views   Tagged with:


9月 30

昨日は高橋建の引退試合。打線と中継ぎ陣と横浜が、建さん登板の舞台を整えてくれました。

打者一人に3球だけでしたが、若々しい投球でした。
16年間お疲れさまでした。そしてありがとう。
平坦なプロ野球生活ではなかったと思いますが、今後の活躍にも期待しています。

試合後には引退セレモニー。

こうやって、監督を胴上げする日はいつになるのでしょう。

 

Posted: 9月 30日 2010 at 7:36 2,105 views   Tagged with:


9月 27

昨日は書きそびれましたが、今回の旅行は「ゲキ★ヤス 土日乗り放題きっぷ」を使いました。今年いっぱいなので、このきっぷを利用するのもこれが最後になるでしょう。来春、九州新幹線開通の折には、また新しい魅力的なきっぷが登場することを願いたいところです。

乗り放題のこのきっぷなのですが、九州は既に全戦制覇済。そういうわけで2日目は「小京都」と呼ばれている秋月に行ってきました。
基山駅から甘木鉄道甘木線で甘木駅へ。この路線、国鉄時代に乗ったことはありますが、20数年ぶりに訪れとなりました。当時の記憶は、まったくございません。写真を撮る趣味もありませんでしたし、記録にも残しておりません。その甘鉄甘木駅から甘木観光バスの小振りなバスに乗って、秋月へ。20分ほどでしょうか。えらく狭い道を通るなぁと思っていたら、秋月はその狭い道沿いにある小さな町でした。その狭い道は国道だそうですけど・・・

秋月郷土館というものもありますが、適度に観光化された町並みは、ブラブラ歩いてちょうどよい大きさ。秋月城趾にある長屋門や

黒門、武家屋敷などを眺めたり、筑後川の支流、小石原川のまた支流を眺めたり、

その川に架かる眼鏡橋でのんびりしたり。しばし、心の洗濯をさせていただきました。

その後、多少時間があったので筑豊本線、桂川・原田間を乗ってきました。ここも久しぶりの線区です。
日豊本線の折尾・桂川間と篠栗線の桂川・吉塚間は電化され、この区間を含む博多・黒崎間に「福北ゆたか線」という愛称を与えられています。取り残されたのが筑豊「本」線の桂川・原田(福岡)間。本線とは名ばかりのローカル線に成り下がっていました。ダイヤも日に9往復ほど。かつては寝台特急あかつきが経由していたのですけどねぇ。

桂川駅でも、その名残が見て取れました。右奥の小さなホームが篠栗線のもの。私の足下から続く長大ホームが筑豊本線のもの。この長大ホームから原田行きの気動車が発車するわけですが、迎えてくれたのはキハ31の単行ワンマンカー。
岩徳線や、昨日乗った肥薩線の人吉・吉松間のように、かつて本線だったところがローカル線然とするところは多々ありますが、本線のままここまで寂しくなるところも珍しいのではないでしょうかねぇ。新幹線が並行しているわけでもないのに、優等列車も走ってませんし、大都市はかたの蕎麦なのですけどねぇ。まぁ、山陰本線や関西本線の一部区間もそうですけど。

昨日撮影した写真の一部を 小京都 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧下さい。

 

Posted: 9月 27日 2010 at 0:37 4,078 views   Tagged with:


9月 26

そういうわけで、昨日から九州に来ています。一昨日夜、小倉から、ドリームにちりん・きりしま3号と乗り継いで隼人駅へ。
ここから肥薩線へ乗り入れ、観光列車3本を乗り継ぎました。

まずは隼人駅から吉松駅まで、はやとの風2号。特急とは名ばかりのゆったり進み、存分に停車してくれる列車です。ここでの見所は、肥薩線開業当初から残る嘉例川駅・大隅横川駅の木造駅舎でしょうか。

吉松駅でしんぺい2号に乗り換えです。ここが肥薩線のハイライト。吉松・人吉間は3つの駅しかありませんが、見所は目白押しです。
まずは軽く真幸駅。名前もありがたそうな駅ですが、スイッチバックでお出迎え。次の矢岳駅との間に日本3大車窓のひとつがあります。

あまりいい写真は撮れませんでしたが、すべて私の腕のせいです。実際に景色をご覧になれることをお勧めします。上の写真ではわかりにくいのですが、天気がよければ桜島も見ることが出来ます。右側のこの部分です。
その車窓を堪能した後は、矢岳駅へ。ここには SL展示館があって、D51 170 が展示されています。以前は 58654 も展示されていたそうですが、現在はこの後乗車した SL人吉号として復活しています。
3つ目の駅は大畑駅。ループ線の中にスイッチバック付の駅があるという、日本で唯一の場所です。スイッチバックは見てわかりやすいのですが、ループ線というのは見た、乗っただけではわからないものですねぇ。説明されればそうなのかと思いますけど。

人吉からはSL人吉号に乗車。乗車前に上記 58654 が転車台で方向転換するのを眺め、駅のホームで迫力を確認してから乗車。客車はかつてレッドとレインと呼ばれていた 50系客車を改造したものです。

最近は客車自体に乗車できる機会も激減しているわけですから、それだけでも楽しく過ごしました。球磨川下りをされている方を始め、多くの方が SL に手を振ってくれるのも嬉しいですね。

昨日は乗り鉄状態でしたが、今日は鉄道に乗るのはちょっと控えて観光地へ行く予定です。では、行ってきまーす。

昨日撮影した写真の一部を 2010 秋・冬 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧下さい。

 

Posted: 9月 26日 2010 at 6:07 3,070 views   Tagged with:


preload preload preload