12月 26

冬の青春18きっぷの旅4日目は、早朝の姫路から姫新線でスタート。
まずは、2+1席のキハ122に乗って姫新線の佐用駅を目指します。沿線はほんのり雪景色。猛烈な寒波に襲われているきたぐにの方には笑われそうですが、佐用駅での1時間ほどの待ち時間は辛いものでした。
佐用駅からさらに姫新線を進んで津山駅へ。こちらは見慣れたキハ120。

津山に来たら見逃すわけにはいかない場所があります。

P1010367

旧津山機関区扇形機関庫です。
左から、DD15、DE50、DD51、キハ33、キハ52、キハ58、キハ28、キハ181。転車台も残されています。

再び姫新線で新見駅まで。ガラガラかと思ったのですが、帰省をされる学生さんと思しき人たちもいらっしゃって、それなりの乗車でした。
姫新線を走破したのですから、新見駅からは芸備線走破でも良かったのですが、今回は多少「観光」の趣ですので、伯備線乗って備中高梁駅へ。

P1010375

紺屋川筋で心を洗ったり、

P1010378

お寺を見たり、

P1010399

石垣を眺めたり、

P1010401

広島辺りでは見ることの出来ない初代マリンライナーの213系を拝んだり、

P1010403

遠く備中松山城を望んだりしました。

備中高梁駅からは倉敷方面へ。途中、総社駅で井原鉄道に乗り換えようかとも思いましたが、ちょっと時間が空くようでしたのでそのまま倉敷駅まで乗車。
後はまっすぐ広島へと帰ってまいりました。

その途中の、尾道・糸崎駅間は山陽本線の中では結構好きな車窓を眺めたりして。

P1010412

もひとつおまけに。

P1010419

今回も旅のお供は DMC-GF1。気軽な旅では D7000 を持ち出すことを躊躇うようになってしまいました。

そんな私の物欲を刺激しているのが、Nikon 1 V2。お手軽さもいいですし、EVF とはいえ、ファインダーを備えているのもいいですね。半押ししないと酔ってしまいそうな EVF には否定的な意見もあるようですが、実用上さして問題はないかと思ってます。加えて、小さいグリップも手の小さい私には悪くありません。
マウントアダプター FT1 を介して、既に所持している AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm で 810mm相当の画角にも興味をそそられます。

も少し安価になってくれれば、プロ野球シーズンが始まる春までには手に入れたいなぁと・・・

 

Posted: 12月 26日 2012 at 20:52 2,150 views   Tagged with:




12月 25

冬の青春18きっぷの旅、3日目です。
今日は山陽本線を東へ向かい、岡山からは赤穂線の列車に乗って播州赤穂駅を目指しました。

P1010296

長船駅では懐かしい配色の115系に遭遇。落ち着きますね。

P1010298

播州赤穂駅からトボトボ歩いて10分ちょっとで大手門に到着。
大手門を入ると、大石内蔵助の邸宅の門が残っていたり、大石神社なるものがあったり・・・

P1010314

天守台から本丸跡を眺めてみました。結局天守は作られなかったそうですが、浅野5万石にしては大規模なお城だったのでしょう。

播州赤穂駅にとって返し、次は姫路駅へ。
ところで、この播州赤穂駅という駅名ですが、ちょっと珍しいですね。
播磨ではなく播州ですし、他に赤穂という駅も現存しませんしね。この駅が開業した当時は、飯田線に赤穂(あかほ)駅が存在したためだそうです。現在は駒ヶ根駅に駅名を変えていますが、播州赤穂駅は今更変更するわけにもいかないのでしょうねぇ。

姫路では姫路城を見学。

P1010328

天守は現在保存修理中。現在は天空の白鷺 [姫路城大天守修理見学施設]で覆われています。

P1010336

200円払ってエレベータで8階へ。エレベータの中からも修理中の様子がご覧いただけます。

P1010339

8階からの眺めもいいのですが、ちょっとスッキリしない空模様でした。具合が良ければ、小豆島もクッキリ見えるのだとか・・・

P1010363

最後に西の丸を見学。薄暗い百間廊下が当時を偲ばせます。

今晩は姫路泊。さて、明日はどこを通って広島に帰ろうかしらとこれから検討します。

 

Posted: 12月 25日 2012 at 19:06 2,722 views   Tagged with:


12月 14

冬の青春18きっぷの旅2日目は一畑電車。勿論、青春18きっぷでは乗れません。
松江しんじ湖温泉駅から乗車して、宍道湖を眺めつつ一畑口駅で平地のスイッチバックを堪能して、川跡駅で大社線に乗換です。

P1010219

川跡駅では、左から出雲大社前・電鉄出雲市・松江しんじ湖温泉駅へ向かう電車が揃い踏み。

P1010221

大社線に乗った目的は、出雲大社前駅に止めてあるデハニ50形を眺めること。

P1010222

車内はこんな感じで、

P1010225

運転席はこんな感じ。

それがなくても、短いなりに大社線は楽しめます。

P1010227

出雲ドームを眺めたり、

P1010229

稲生神社の赤鳥居を眺めたりと車窓を楽しめます。
赤鳥居は、車窓から眺めるよりも、降りて電車と一緒にカメラに収めた方がいいんでしょうけどね。

その後、電鉄出雲市・JR出雲市駅・宍道駅と乗り継いで、木次線に乗車。出雲横田・備後落合間は何度も乗ったのですが、宍道駅からは久しぶりです。

ハイライトの一つは、平地ではない出雲坂根駅のスイッチバック。

P1010248

左が八川駅・宍道駅方面、右が三井野原駅・備後落合駅方面です。

P1010267

スイッチバックを折り返すと、奥出雲おろちループを眺めることができます。
雪のおろちループを眺めるのもいいものですね。

ただねぇ、出雲坂根駅から三井野原駅まで団体さんが大量乗車。それまでのノンビリとした車内の雰囲気は残念なことになってしまいました。
隣に座られた女性の方の圧力で、私は座っていることもできなくなりました。キヤノンの一眼レフで撮影を楽しもうとされていたお兄さんも窓際から閉め出され、仕方なさそうに望遠レンズを取り出されていました。
一人旅って、こんな場面で多勢に無勢で悲しい思いをすることもあります。

そんなこともありましたが、無事備後落合駅に到着。

P1010284

ところで、この「落合」という地名、落ち合うってことが由来なのでしょうねぇ。「追分」とは逆のようですが、ある意味相通じるような気もします。

備後落合駅からは芸備線を乗り継いで帰広。
さて、あと3日分。どう使いましょ?

 

Posted: 12月 14日 2012 at 20:05 1,817 views   Tagged with:


12月 13

中国地方で最後になりましたが、岡山電気軌道に乗りに行ってきました。

P1010126

まずは岡山駅前から清輝橋線で清輝橋へ。そのまま引き返しても良かったのですが、もう一つの路線、東山線の終点東山もさほど遠くないようですので、のんびりと歩いてみることにしました。

P1010129

途中、旭川を眺めたりしながら。

P1010137

東山電停では「くろ」に遭遇。

P1010139

車内はこんな感じです。

岡山駅前に引き返す途中、MOMO2 に遭遇。

P1010141

車内から咄嗟に撮ったので、見づらいですねぇ。
これで、中国地方完乗!と、思ったのですが、スカイレールにも乗らんといけんかねぇ・・・

このまま広島に帰るのも味気ありませんので、伯備線に乗って山陰へ。

車窓から大山を眺めたり、

P1010176

米子駅で気動車群を眺めたり、

P1010180

で、たどり着いたのが宍道湖の夕日。

P1010203

上手く撮れませんねぇ。カメラを使いこなせていません。

P1010216

そんなこんなで、今日は松江泊。
明日は久しぶりに一畑電車と木次線に乗る予定です。

 

Posted: 12月 13日 2012 at 20:04 1,506 views   Tagged with:


9月 12

青春18きっぷ最終日、みすゞ潮彩に乗りに行ってきました。
朝5時前に自宅を出、最寄りの駅まで徒歩約30分。5時31分発の電車に乗って新下関駅を目指しました。

平日ということもあり、新下関の駅で指定席の2号車に乗車したのは私ともうお一方だけ。
下関駅で折り返すわけですが、ここで暫く停車です。

カラフルな列車です。ここから数人乗車され、幡生駅から山陰本線へ。

うん、まあ、その、なんだ。私って雨男?って感じで、折角のビューポイントも天候不順。波もやや高めで空は暗くて・・・
長門市駅に近づくと多少は明るくなってきましたが・・・

なんか、スッキリしない眺めです。これでは、リベンジに訪れなければなりませんね。
以前乗った時はいい天気で、素敵な日本海を眺められたのに・・・

当初の予定では、萩辺りで軽く観光しようかと思っていたのですが、あいにくの雨模様。長門市駅から美祢線に乗って早めに帰路につきました。

見慣れたキハ120で厚狭駅へ。厚狭駅からは刺激乏しい山陽本線で広島へと帰るところですが、新山口駅で偶然117系に遭遇。

急なことだったので、シャッタースピードを合わせる間もなくアタフタと撮影。右の117系ぶれてますねぇm(__)m
左の117系は、新快速でデビューした時と同じ配色ですかね。懐かしいですね。

10月も「秋の乗り放題パス」「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」がありますし、また出かけるかもしれません。ただねぇ、「秋の乗り放題パス」は昨年まで発売されていた「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」がリニューアルされたもの。価格が下がったのはいいのですが、利用が連続する3日間に変更になった模様です。使い勝手は悪くなりましたねぇ。
それならば10月が誕生月の私は、JR四国の「バースデイきっぷ」の方が魅力的ですかね。どちらにしても、3連休が確保できるかどうかは不明ですけど・・・

 

Posted: 9月 12日 2012 at 19:22 1,922 views   Tagged with:


preload preload preload