5月 07

カープが再び同率首位に並んだ興奮も冷めやりませんが、矢継ぎ早に iOS がバージョンアップされています。穴はふさがれなかったようで、iOS 4.3.3 用の脱獄ツールが早速登場しました。

Dev-Team Blog – Tic tac toe…

で脱獄したわけですが、毎度書いているように、決して脱獄を万人にお勧めするわけではありません。リスクを理解した上で、必要だと判断される方が行う行為だと思います。
もし、お試しになるのであれば、くれぐれもご注意を。jailbreak という行為自体、危険なものだということを十分ご理解の上で。

ところで、Cydia でインストールしたアプリをバックアップ・リストアしてくれるという AptBackup なるものを試してみたのですが、AppStore からインストールしたアプリを消してくれたりして、結局役に立たなかったりします。なにか、これに代わるアプリってないものですかねえ?

 

Posted: 5月 7日 2011 at 22:24 3,021 views   Tagged with:




4月 25

iOS 4.3.2 でも紐無し脱獄が出来るようになりました。

Dev-Team Blog – The untether rolls on

手順はこれまでの PwnageTool と同様です。iOS 4.3.1 でも jailbreak | KNCN weblog あたりをご覧ください。

そう言えば、iOS のバージョンと PwnageTool のバージョンが一致しましたね。深い意味があるわけではないでしょうけど。

毎度書いていることですが、個人的には、決して脱獄を万人にお勧めするわけではありません。リスクを理解した上で、必要だと判断される方が行う行為だと思います。
もし、お試しになるのであれば、くれぐれもご注意を。jailbreak という行為自体、危険なものだということを十分ご理解の上で。

 

Posted: 4月 25日 2011 at 6:45 3,577 views   Tagged with:


4月 13

なんのことかと言うと、iPhone のフリック入力の話です。「あかさたなはまやらわ」を連続で入力しようとすると、やたらと手間や時間がかかりますよね。ケータイなどでは一般的なトグル入力のために、こんな不便を強いられているわけです。トグル入力を無効に出来ればいいのですが、現在の iOS では出来ない模様。では、どうすればいいかとなるわけですが、方法がありました。

iPhoneのフリック入力で「あああ」と素早く打てるようにするMonkeyTypingCanceller – ひとりぶろぐ

この MonkeyTypingCanceller、トグル入力を無効にするわけではありませんが、テンキーキーボードの入力猶予時間を短縮するというものです。使用感は、トグル入力を無効にされたのと同じ感じ。動作確認環境には「iOS 4.2.1 (iPadを除く)」と書かれていますが、手元の iPhone 4 & iOS 4.3.1 でも問題なく動作しています。

脱獄必須ですので、自己責任でご利用されることになるかと思います。
ただねえ、このくらいの設定は iOS 自体で出来て欲しいものです。次期バージョンに期待することにしましょう。

 

Posted: 4月 13日 2011 at 6:38 3,244 views   Tagged with:


4月 05

iOS 4.3 以降、再び紐付きでないと脱獄できなくなっていましたが、PwnageTool 4.3 で紐無し脱獄が出来るようになりました。今のところ、PwnageTool 4.3 は Mac だけのようですけど。

Dev-Team Blog – Three years of pwnage(tool)

脱獄手順を大まかに言うと、PwnageTool で「カスタムIPSW」を作成し、

この作業はそれなりに時間がかかります。その後、DFU モードに入り、

iTunes から上で作成したカスタムIPSWを選択して復元します。DFU モードへの入り方は、PwnageTool が懇切丁寧に教えてくれます。

詳しくは、

あたりをご覧いただくのがよいでしょう。

毎度書いていることですが、個人的には、決して脱獄を万人にお勧めするわけではありません。リスクを理解した上で、必要だと判断される方が行う行為だと思います。
もし、お試しになるのであれば、くれぐれもご注意を。jailbreak という行為自体、危険なものだということを十分ご理解の上で。

 

Posted: 4月 5日 2011 at 20:31 3,625 views   Tagged with:


2月 17

iOS が 4.2〜 になってから、紐付きでなければ脱獄できない日々が続いていました。少し前から greenpois0n で、ヒモ無し脱獄が出来るようにはなっていたようですが、β版だったり RC だったり。そういうわけで、iOS 4.2.1 での JailBreak には踏み切っておりませんでした。
で、やっと Dev-Team から PwnageTool 4.2 がリリースされて、手軽に脱獄できるようになりました。いいことか悪いことかはよくわかりませんけど。

Dev-Team Blog – What’s in a name?

入獄状態でしばらく過ごしていた私ですが、実際脱獄が必要なのかと考え続けておりました。脱獄することによって、便利になることは確かにあります。ただ、リスクを冒してまで脱獄する必要があるのかと。
様々なアプリが充実したせいもあるのでしょうけど、入獄状態でも実用上はさほどの不便を感じなくなりました。iPod touch が発売された頃とは事情が変わってきたのではないかと考え始めたわけです。

とは言え、実用上だけの問題ではありませんので、久しぶりに脱獄してみたわけです。

個人的には、決して脱獄を万人にお勧めするわけではありません。リスクを理解した上で、必要だと判断される方が行う行為だと思います。
もし、お試しになるのであれば、くれぐれもご注意を。jailbreak という行為自体、危険なものだということを十分ご理解の上で。

 

Posted: 2月 17日 2011 at 6:31 2,909 views   Tagged with:


preload preload preload