6月 26

負け続けてている春の G1 シーズンもこれが最後。最後くらいは・・・

ブエナビスタが1番人気なんですね。昨年の時点では現役最強馬であったことに異論はありません。で、今年に入って力が落ちているのではないかと、疑念を持っております。3着に来ることはあるかもしれませんが、その程度の評価にとどめておきます。

中心視したいのは4歳馬。エイシンフラッシュトゥザグローリーローズキングダムの3頭ボックスでいいんじゃないですかね。順番はともかくですけど。
天皇賞を3頭それぞれの結果で終えましたが、今回の舞台であればあれほどの差がつくことはないと思います。

ルーラーシップは前走ちょっと頑張りすぎてしまったような気がしますし、アーネストリーは頑張っても3着まで、ドリームジャーニーはピークを過ぎた感があります。

大穴を上げるとすれば、ハートビートソング。秋には人気になりそうな気がしますので、狙っておくならここかなと。

 

Posted: 6月 26日 2011 at 8:28 2,218 views   Tagged with:




6月 05

素直に考えれば、アパパネですね。同じ条件であのブエナに勝ったのですから、ここでも中心視するのが当然かと。
相手は、京王杯スプリングCからストロングリターンシルポートジョーカプチーノ。府中マイルで走りそうなスマイルジャック。末脚信じてダノンヨーヨー

以上が、普通に考えた結果。ですが、ここのところ勝ちから遠ざかっている私は、ついつい穴馬に目が行ってしまいます。
シルクアーネストリディルはどうでしょう?
どちらも順調にここまで来たとは言えませんが、それ故一発の可能性も残しているかなと。このまま人気がないようですと、狙ってみるのもありかなと勝手に思っていることにします。

 

Posted: 6月 5日 2011 at 8:30 2,123 views   Tagged with:


5月 29

皐月賞馬オルフェーヴルが人気です。皐月賞馬なのですから、わからないわけではありません。ただ、皐月賞は、この馬にとって都合良くいったレースかなと思ってしまいます。他の馬たちとは、人気のさほど実力差はないように感じてしまうわけです。こういう馬は、私買い難いのです。
であれば、サダムパテックの逆転かとなりそうですが、この馬も抜けているとは思えません。

順調にレースを迎えることが出来なかったであろう馬も多くいた皐月賞。また、それ故皐月賞に駒を進めることが出来なかった馬もいたことでしょう。そんな経過があって迎える今年のダービー、しかも馬場は悪くなりそうです。
ま、例年以上にわからないってことなのですけど(苦笑)

青葉賞を勝ったウインバリアシオン、2200m,2400m,2200m を3連勝してきているクレスコグランド、ローテはきつくなりましたがトーセンレーヴなど、候補はいくらでもいます。
予定していたのかしていなかったのか、間隔が空いた皐月賞で力を発揮できなかった馬たちもいます。フェイトフルウォーナカヤマナイトトーセンラーといったところです。
そして、あのデットーリが乗りに来たデボネア。デットーリが乗ると、5馬身違うのだとか。「天才はいる。悔しいが。」はデットーリのことかもしれませんし・・・

有力馬は、互いに勝ったり負けたり。であれば、これまで書いてきたことを一切無視して、コティリオンでどうでしょう。根拠薄弱が、一番力がありそうに感じます。この世代で G1 で一番結果を残しているのがグランプリボス。そのグランプリボスに迫った馬ですから。しかも、トニービンの肌にディープインパクト。府中2400mで走らないわけがない( ^_^)

もう1頭、気になる馬がノーザンリバー。前走は競馬をしていないようですし、力の要る馬場もなんとかなるかも。走り方は距離に不安がありますが、血統的には大丈夫そう。大穴候補にいかがでしょう?

 

Posted: 5月 29日 2011 at 8:42 2,255 views   Tagged with:


5月 22

トライアルを勝ったのがどちらも1勝馬でしたので、桜花賞組からと考えるのが自然ですかね。そうなると、マルセリーナホエールキャプチャの2頭が抜けているという評価になりそうです。
では、どちらを上に見るか。脚質はホエールキャプチャの方が府中向きのような気がします。地元関東馬ですし、府中のコース経験もあります。そう考えるとホエールキャプチャを上に見るのが当然のように思えるのですが、どうも素直にそれを認めることが出来なかったりします。この馬は、G1 では2着までなのではないかなという匂いがプンプンします。なんの根拠もないのですが、マルセリーナを上に見ておくことにします。

他はと言うと、強行軍の桜花賞よりも良化が見込めるハブルバブルあたりが気になります。2頭に割って入ることは難しいかもしれませんが、3着ならあっても良いかなと。

別路線組で気になるのは、エリンコート。ただ、デュランダルの仔が府中の2400mというのもねぇ・・・
可能性は低いと思いますが、すべてをひっくり返すことがあるとすれば、フローラS勝ちのバウンシーチューンと良血グルヴェイグ。ただ、どちらも思ったよりも人気していますので、狙いにくいですね。

あとは、桜花賞で私の期待を裏切ってくれたライステラス。距離に不安があると思われていることもあるようで、かなりの人気薄です。血統的には2400mをこなしても不思議はないのですけどね。前走の敗因が私の中では不可解なままですので、強気に出ることは出来ないのですけど、人気の落ちたここで今一度期待したいなと。ワイドの軸とか・・・

 

Posted: 5月 22日 2011 at 8:59 2,294 views   Tagged with:


5月 15

困ったもんです。考えれば考えるほど、ブエナビスタアパパネの2頭が抜けているような気がします。それもブエナビスタが上で。
素直に考えると、3連単の3着探しといったところでしょうかね。候補は、アニメイトバイオレディアルバローザアンシェルブルーショウリュウムーンエーシンリターンズといったところ。

3連単の5点勝負。これはこれで悪くないかもしれませんが、私の買い方じゃないですねw

そういうわけで、今回も不当に人気がないと思われる馬を探してみます。
で、無理矢理見つけたのが、ディアアレトゥーサ。ブエナにも勝ったナカヤマフェスタの下ですね。決め手に欠けるようですが、幾ら何でも最低人気というのはないでしょう。行きそうな馬がいなさそうですので、思い切って前に行くとかしたら、3着以内の可能性もないわけでは・・・
ま、複勝馬券でも握りしめて観戦することにします。

 

Posted: 5月 15日 2011 at 8:16 2,144 views   Tagged with:


preload preload preload