6月 19

昨日は試合開始にちょっと遅れてマツダスタジアムへ。マーくん人気もあったのか、入場者数は今期最高だったそうです。

先発は予想通りその田中。今季、既に8勝ですから大したものです。

DSC_5812

一方 CARP は、連続無失点が途切れて以来ふがいない投球が続いている大竹。

DSC_5819

始まる前は今日も負けは濃厚かとも感じていましたが、大竹が粘りのピッチング。エラーも絡み2点を奪われましたが、腐ることなく8回を耐えてくれました。田中にプロ初ヒットをプレゼントしてあげたのはご愛敬という感じで、8回のピンチも150キロを超えるストーレトを交えねじ伏せました。また、点の取れない打線に対して、自らのタイムリーで活を入れる復活ぶり。
交流戦が終わってからの投球にも期待したいですね。

一方、点の取れない打撃陣ですが、これがかなり重症。チャンスがないわけではないのですが、中軸が沈黙のまま。

DSC_5854

7回、6番キダゴー、7番末永が作ったチャンスに石原のダブルプレーの間の1点で何とか追いつきましたが、打線がつながらないのは相変わらずです。このダブルプレーの後、またもや大竹が気迫のファール連発。その姿とは対照的でした。打線の奮起を期待したいですね。

同点のまま8回を投げきった大竹の後を継いだのが横山。

DSC_5878

相変わらず負担をかけっぱなしです。延長にはいって10回は永川。

DSC_5890

一昨日の地元三次の試合では登板機会がなかっただけに、牽制で走者をアウトにするなど気迫のこもった投球でした。まぁ、ランナーを出さなければなお良いのですけどね。

で、向かえた10回裏。打率1割台の石原から。初球からセイフティーバントを試みるなど姿勢は買えましたが、ネクストバッターズサークルの嶋の方に気がいってました。尾形、或いは緒方を出してくれよと思っていると、なんと石原がライトポール際へサヨナラホームラン。
ごめんなさい、石原クン。

これがマツダスタジアムで最初のサヨナラゲーム。良い試合に立ち会えました。
ヒーローインタビューに呼ばれたのは当然ながら石原。確かにヒーローは石原なのでしょうが、昨日の本当の主役は大竹だったような気がします。投球でもそうでしたが、バッターボックスでの姿にも拍手を送りたくなりました。
何度も、何度も、何度も、裏切り続けられてきた大竹ですが、今度こそは一皮むけてくれたのではないかと・・・
大きく脱皮して欲しいものです。そして、今後の登板にも期待っ!

DSC_5905

撮影した写真の一部を CARP 2009 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

 

Posted: 6月 19日 2009 at 12:27 4,344 views   Tagged with:




6月 06

連勝が止まって本拠地に帰ってきた CARP。昨日の対戦相手は交流戦首位の福岡ソフトバンクホークス。CARP は先発の谷間ですし、相手は好調、お空模様も怪しそう。

普段より少し早め、16時過ぎにスタジアムに到着しました。何の影響かわかりませんでしたが、まだシートには座れずコンコースに人があふれておりました。

dsc_5564
16時40分にやっと座れましたが、それでも試合開始までは1時間以上。そんなとき役立つのがこれ。

dsc_5571
曇り空でもビールはおいしいものです。困ったことですが・・・
昨日の観戦は急に決めましたので、座席は3塁側内野席。福岡は近いこともあって、かなりの数のソフトバンクファンの方がいらっしゃっていました。

で、先発は予想通り小松。

dsc_5626
前回の登板は初回4失点ながらも初勝利。昨日は初回1失点ですから多少期待は持てた滑り出しでした。その後1点ビハインドのまま5回までは粘りの投球で無失点。6回表先頭打者にフォアボールを出したところで投手交代。
昨日1軍に上げたばかりの森の起用です。

dsc_5645
ブラウンはこういうの好きですね。折角上げたのですから、直ぐに使ってみる。私もこういうの好きです。
その森、6回を無難に抑えて反撃を待ちます。とは言え相変わらずの貧打を発揮している CARP 打線。昨日の試合もここまで2安打無得点。この頃からぽつぽつと雨が落ちてきましたし、ムードはあまりよいとは言えない状態です。

そんな雰囲気を振り払ってくれたのが、森の代打で出た嶋。ツーベースで最近の得点パターン、「下位が出て梵が返す」場面を演出してくれました。それにしっかり応えてくれたのが梵。あっという間に同点。
宮島さんを歌えて良かったと思っていると、東出が繋ぎ、赤松のスクイズ失敗もありましたが、4番栗原に2アウト2,3塁のチャンスをお膳立て。ここのところ不振を極めている栗原ですが、この場面では4番の仕事をやってくれました。ツーベースを放ち2点勝ち越し! 先発5番に入っていた喜田剛も続き、この回4得点で試合をひっくり返します。

逆転したなら守備固め。そしてマウンドには右肩痛で登録抹消の梅津の穴を埋めて欲しい林。内野安打とフォアボールでピンチを招きますが、代わったシュルツが1球で締め、7回表終了。ジェット風船がない少し寂しい7回裏を迎えようとしたところで、俄に雨脚が強くなってきました。
ここで試合中断、そのままコールドゲーム。好救援の森が初勝利。結果的にシュルツにセーブ。疲れ気味の救援陣の消耗が少ないまま勝てたのはラッキーでした。
6回のワンチャンスを生かした打線は見事でしたが、がんばっている投手陣を少しでも楽に出来るよう、もう少し早いイニングに得点を期待したいですね。
これで5割に復帰した CARP。今日も勝って貯金といきたいところです。

dsc_5647

昨日撮った写真の一部を CARP 2009 KNCN Photo Album に置いております。よろしければご覧ください。

 

Posted: 6月 6日 2009 at 13:27 2,209 views   Tagged with:


5月 24

最初に手にしたのは、D60 ダブルズームキット
ついていた AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRAF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF) が1本になれば旅行の時など便利かもということで、AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) を購入。
千光寺公園で、より広角に撮りたくなって SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical [IF] Model B001 を手に入れ、野球観戦に備えて望遠が必要だと勝手に思い込み AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) を用意。
ここで止まればまだかわいいものなのですが、単焦点の明るいレンズってどんなものかと興味が湧き AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G にも手を出してしまった私です。
しかし、このレンズたち。ほとんど使いこなせておりません。

にもかかわらず、また買ってしまいました。今回購入したレンズは、タムロンの SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO Model A09NII
「明るめの標準ズームが必要だろ」とか、「MACRO ってどんなもの」とか、「Ellinikonblue.com Weblog の key さんも購入候補に挙げられてただろ」とか、「ネット上での評判もなかなか良さそうじゃないか」とか、訳のわからない理由で自分自身を誤魔化しつつ、酔いの勢いも手伝って、ポチッとしてしまったわけです。

dsc_5328
これまた使い方がわかっていませんが、個人的にはかなり満足。超音波モーターでないこともさほど気になりませんし、不使用時に無意味に伸びないようロックスイッチがついているのも OK。何と言っても、F2.8 の明るさとズーム全域で 33cm まで寄れるのがいいですね。マニュアルフォーカスで微調整をすることを覚えた私としては、AF/MF 切り替えだけではなく、M/A モードがついていればなお良かったのですが。
純正の AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED を手に入れることが出来れば良いのかも知れませんが、お値段からしてとても無理。1/6 程度の価格で手に入るこのレンズと比べるものでもないでしょう。

で、皆様にご協力いただいて、こつこつとアフィリエイトで貯めた予算もほぼ空になってしまいました。
自信はありませんが、当分新たなレンズに手を出すことはないでしょう。
多分・・・

 

Posted: 5月 24日 2009 at 12:08 10,266 views   Tagged with:


preload preload preload