1月 25

単なる個人的な覚え書きです。
この weblog を運用しているサーバでも利用している FreeBSD ですが、3月には 10.3R がリリース予定だそうです。

FreeBSD 10.3 Release Process

2016-01-25_18.00.35

 

Posted: 1月 25日 2016 at 18:09 921 views   Tagged with:




3月 16

昨日、アストラムライン新白島駅 カウントダウン時刻表 | KNCN weblog って記事を書いたのですが、新白島駅に関しては、未だ「駅.Locky」に JR の駅も追加されていないようです。
そういうわけで、JR 分の時刻表データも追加してみました。アイコン画像は、列車アイコン集/Train Front View (World wide Train icons)のものを利用させていただいています。

IMG_2482

可部線や呉線に直通する電車も含め、新白島駅を発車する電車は全て一覧で表示するようにしました。

IMG_2481

これが使い易いのかどうかはよくわかりませんが、よろしければご利用下さい。

NextTrain for iPhone からどうぞ。もちろん、iPhone 以外からも利用いただけます。Bookmark やお気に入りに登録していただいたり、ホーム画面に登録していただくと便利かと思います。

2015/04/01 追記
駅.Locky に新白島駅が登録されましたので、そちらにデータを追加しました。

駅.Locky に新白島駅のデータを追加しました | KNCN weblog

 

Posted: 3月 16日 2015 at 21:10 1,379 views   Tagged with:


3月 15

「さぁ、仕事終わった。さっさと帰るぞー」って時に重宝するのが、カウントダウン型の時刻表アプリ。Palm の時代から NextTrain を使わせていただいていたのですが、ここ最近は、駅.Lockyを便利に使ってました。NextTrain 形式のデータファイルを皆で登録して利用するものです。故に、管理側で「駅」を登録してもらわないことには新しい駅の時刻表を登録することもできません。

昨日開業した新白島駅、現時点では駅.Locky上では未だ存在しない駅です。職場の最寄り駅になるわけですので、明日からの帰宅にも差し支えるかもしれません。そういうわけで、以前 NextTrain iPhone用Webアプリとわたくし(5) – Cynical but Humorous (あるいは計算機との日々。)で送っていただいたスクリプトを再度セットアップしてアストラムライン新白島駅の時刻表だけ登録してみました。駅.Locky を利用する前は、こちらをメインで利用していたのですけどね。
 参考:iPhone で NextTrain 別解 | KNCN weblog
NextTrain for iPhone からご利用いただけます。

IMG_2473

同じような事情でお困りの方、NextTrain 型式のデータを送っていただければ、登録いたします。

2015/04/01 追記
駅.Locky に新白島駅が登録されましたので、そちらにデータを追加しました。

駅.Locky に新白島駅のデータを追加しました | KNCN weblog

 

Posted: 3月 15日 2015 at 10:20 1,904 views   Tagged with:


1月 21

クラウド徹底活用!FreeBSD on Amazon EC2 (FreeBSD Weekly Topics Digital Edition)FreeBSD 10.0-RELEASE Announcement

当初は昨年の11月の予定でしたっけ?(^Д^)
ま、いつも通りですね。

この weblog を運用しているサーバは、FreeBSD 9.2-STABLE。まだ 10-STABLE にするのは早いですかね。BIND が base system から削除されたんで、バージョンアップするときは慎重にしないといけませんな。

今回の 10.0-RELEASE、特に手を入れることもなく Amazon EC2 に対応したのが最大のトピックスなのかも知れません。今のところ、私が活用する予定はありませんけど。

 

Posted: 1月 21日 2014 at 19:04 1,873 views   Tagged with:


1月 15

Support for Ruby version 1.9.3 will end on February 23, 2015.

ruby 1.9.3 のメンテナンスは今年2月23日までで、以降は来年2月23日までセキュリティ修正のみが提供されるそうです。そういうわけで、このサーバにインストールしている ruby を 2.0.0 にアップグレードしてみました。

/etc/make.conf

DEFAULT_VERSIONS=       perl5=5.18 ruby=2.0

と記して、

# portmaster -o lang/ruby20 lang/ruby19

としただけです。
まぁ、このサーバでは IMAProwl の為だけにインストールしているわけですから・・・

ruby 依存の ports を使っている場合は、

# portmaster -R -r ruby-2.0

もすべきなのでしょう。

 

Posted: 1月 15日 2014 at 17:49 1,907 views   Tagged with:


preload preload preload