Raspberry Pi OS を bullseye にアップグレード

 bullesye がリリースされたので、Raspberry Pi 4 もアップグレードしてみました。/etc/apt/sources.list busterbullseye に書き換え。

deb http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian/ bullseye main contrib non-free rpi

 /etc/apt/sources.list.d/raspi.list も同様に。

deb http://archive.raspberrypi.org/debian/ bullseye main

 後は以下の通り。いくつか尋ねられますが、そこはデフォルトで。

% sudo apt update
% sudo apt upgrade --without-new-pkgs
% sudo apt full-upgrade

 reboot すると。

% lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID:	Raspbian
Description:	Raspbian GNU/Linux 11 (bullseye)
Release:	11
Codename:	bullseye

 アップグレードできたようです。
 ところで、/etc/apt/sources.list

deb http://deb.debian.org/debian bullseye main contrib non-free

とすると、64bit 版の Debian にできるのでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です