BINDによる DNS スレーブサーバ

 この Weblog を運用しているサーバ等々、FreeBSD を使っています。現在のバージョンは FreeBSD 12.2-STABLE。このドメインの DNS サーバも自前で用意しているのですが、スレーブ用のサーバも用意することにします。マスター、スレーブとも ports/dns/bind916 で構築しているわけですが、その覚え書きのための記録です。逆引は VPS サービス側で設定しています。
 まずはマスター側での設定。ゾーン転送を許可しなければいけません。/usr/local/etc/namedb/named.conf にこんな設定をします。

zone "kncn.net" {
        type master;
        file "/usr/local/etc/namedb/master/kncnnet.db";
                         # スレーブサーバの IPv4 アドレス
        allow-transfer { 16x.25x.x.1x;
                         # スレーブサーバの IPv6 アドレス (スレーブサーバからは IPv4 で参照しているので意味はないかも)
                         2400:850x:180x:44x:16x:25x:4:12; }; 
        notify yes;
        allow-query { any; };

 スレーブ側はマスターからゾーン転送を受け取る必要があります。同じく、/usr/local/etc/namedb/named.conf に設定します。

zone "kncn.net" {
        type slave;
        file "/usr/local/etc/namedb/slave/kncnnet.db";
                  # マスターサーバの IP アドレス
        masters { 16x.25x.x.1x; }; 

 取り敢えず上手く動いているようですので、これでいいことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です