.zshrc を晒してみる

 Zsh が MacOS のデフォルトシェルになって2年以上経って、長年使っていた tcsh から zsh に移行しました。あちこちを参考にしながら .zshrc をでっちあげてみたのですが、こんなものでいいのかかなり不安。zsh には様々な機能があるようですが、全く使いこなせていないのでしょう。
 ツッコミ歓迎の姿勢で、現状の .zshrc を晒してみます。ご意見いただければ幸いです。全く意味がわかっていない項目もあります。

# Ctrl+Dでログアウトしてしまうことを防ぐ
setopt IGNOREEOF

# 日本語を使用
export LANG=ja_JP.UTF-8

# 色を使用
autoload -Uz colors
colors

# パスを追加したい場合
export PATH="$HOME/bin:/Applications/MacPorts/Emacs.app/Contents/MacOS/bin:$PATH"

# 補完
autoload -Uz compinit
compinit

# emacsキーバインド
bindkey -e

# 他のターミナルとヒストリーを共有
setopt share_history

# / を削除しない
setopt noautoremoveslash

# ヒストリーに重複を表示しない
setopt histignorealldups

HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000

# プロンプト
PROMPT='%m:%n %~ %# '

# 区切り文字の設定
autoload -Uz select-word-style
select-word-style default
zstyle ':zle:*' word-chars "_-./;@"
zstyle ':zle:*' word-style unspecified

# コマンド履歴検索
autoload history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^P" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^N" history-beginning-search-forward-end

# エイリアス
alias ll='ls -lAF'

 参考までに、MacPorts をインストールすると .zprofile が作成されてました。

# MacPorts Installer addition on 2021-02-05_at_11:35:00: adding an appropriate PATH variable for use with MacPorts.
export PATH="/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH"
# Finished adapting your PATH environment variable for use with MacPorts.

# MacPorts Installer addition on 2021-02-05_at_11:35:00: adding an appropriate DISPLAY variable for use with MacPorts.
export DISPLAY=:0
# Finished adapting your DISPLAY environment variable for use with MacPorts.
+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です