WHR-1166DHP のログを syslog で受けてみる

 現状、何に使っているというわけではないのですが、ローカルに置いている Raspberry Pi 3 Model B+ で、

Raspi3:ippo ~% uname -a
FreeBSD Raspi3.kncn.net 12.2-RELEASE FreeBSD 12.2-RELEASE r366954 GENERIC  arm64

が動いています。

 これまで、ssh でログインして Mew でメールを読んだりしていました。自宅でも出先でも同じ環境でメールを読みたかったものですから。。ですが、MacBook Air (M1, 2020) をメインに使うようになると、その必要性はなくなりました。MBA を自宅でも出先でも使えばいいのですから。

 そうなると、Raspberry Pi の使い道がなくなってしまいます。RTX810 のログを syslog で受け取るくらいにしか使わないことになってしまいます。仕方ないので、アクセスポイントとして使っている Air Station のログも受け取ることにしてみました。使っているのは WHR-1166DHP。今となっては古い機種です。

AirStation

 AirStation 側の設定は上記くらい。「syslog サーバー」欄に、Raspberry Pi の IP アドレスを記載しておきます。後はラズパイ側の設定なのですが、AirStation が吐くファシリティがわからない。取説見たりしましたが、記載は見つかりません。local0〜7 で試してみましたがどれもあてはまりません。情報探すと、下記のページが見つかりました。

Buffalo AirStation WSR-300HPのsyslog設定手順 – Qiita

 私の使っている WHR-1166DHP も user でした。/etc/syslog.conf

user.*                                  /var/log/airstation.log

を、/etc/newsyslog.conf には

/var/log/airstation.log                 644  10    1000 *     Z

を追記。syslog を再起動して反映。以上で無事ログを記録できるようになりました。

 話は変わりますが、今使っている RTX810 は DS-Lite にしか対応できません。MAP-E などにも対応している新しいそれなりのルータを所望しているのですが、ここのところ出費が嵩んでいるので暫くは我慢我慢。

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です