EMP(Emacs Mac Port)版の Emacs を使ってみる

 以前は野良ビルドしたりしてましたが、最近は Homebrew などでお手軽にインストールできる Emacs を使っていました。いろいろ使い勝手が悪かったりしたのですが、まぁこんなもんかと。
 今更なんですが、EMP版がよさげだということで乗り換えてみました。

% brew tap railwaycat/emacsmacport
% brew install --cask emacs-mac-spacemacs-icon

 Homebrew を利用していれば、これだけ。GitHub – railwaycat/homebrew-emacsmacport: Emacs mac port formulae for the Homebrew package manager をご覧いただくといいですかね。

;; 入力モードが英語の時はカーソルの色をfirebrickに、日本語の時はblackにする
(set-cursor-color (if (string-match "\\.US$" (mac-input-source))
                      "firebrick" "black")))

;; ミニバッファに入力時、自動的に英語モード
(mac-auto-ascii-mode 1))

 ~/.emacs.d/init.el にこんな感じで追記。window-system が ns ではなく mac ですので、

;(when (equal window-system 'ns)
(when (equal window-system 'mac)
       〜〜〜〜〜
)

と変更しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です