Homebrew に戻りました

 2月にM1 MacBook Air を購入した時点では、Homebrew よりも MacPorts の方が Apple Silicon への対応が素直なようでした。故に、その時点では MacPorts を利用することにしました。Homebrew も 3.0.0 で状況が改善したようなので、MacPorts を削除して Homebrew に乗り換えました。
 まずは、MacPorts の削除。

% sudo port -fp uninstall –follow-dependents installed
% sudo rm -r /opt/local

 ~/.zprofile に MacPorts が追加した項目がありましたので、適宜削除。続いて、Homebrew をインストール。公式に載っている通りです。

% /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

 で、stunnel, gnupg, cmigemo など必要なものをインストール。emacs は cask版をインストール。

% brew install --cask emacs

 ~/.zshrc の PATH を以下のように書き換えておけば大丈夫のようです。

export PATH="$HOME/bin:/opt/homebrew/bin:/opt/homebrew/sbin:/usr/local/texlive/2021/bin/universal-darwin:$PATH"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です