6月 29

先日出た Windows 8.1 Preview をインストールしてみました。インストール出来るような端末を所有しているわけではありませんので、Mac 上の VMware Fusion にインストールしました。

スクリーンショット 2013-06-29 6.07.51

普段 Windows 8 を使っているわけではありませんので、違いが分かりません。

スクリーンショット_2013-06-29_6.08.08

唯一気付いたのが、デスクトップ画面にスタートボタンらしきモノがあること。
どうせなら、らしきものではなくて、スタートボタンを復活させればよかったのにと思ってしまいました。

 

Posted: 6月 29日 2013 at 12:06 2,107 views   Tagged with:




1月 11

親しい知り合いと言うか、なんと言うか、まぁ微妙な知り合いのニャンコ先生が書いていらっしゃった「パソコンはじめて触ったときの年齢とそのOS晒せよ |> 画廊電設」に触発されてみることにしました。

え〜と、はじめて触ったというか購入した「パソコン」は SHARP の X1Dですかね。それ以前にも MZ-2000 を所有してましたけど、その頃は「マイコン」。パソコンなんて言葉はありませんでした。勿論、当時の年齢は、ひ・み・つ(‘-‘*)
で、その X1D、3inch FDD 搭載でした。3.5inch じゃありません( ^_^) X1D では、CP/M も触っていましたけど、嵌ったのは S-OS ですね。Oh!X(元々は Oh!MZ) という雑誌に掲載された OS もどきでした。これで、Lisp やら Prolog やら FORTH やらを知ったわけです。今となっては見る影も無い言語たちですけど・・・ あっ、Lisp はそうでもないのかも・・・

その後、手に入れたのが X68000Human68k という MS-DOS のような OS? がついていました。ところが、嵌ったのは OS-9。この OS-9、6809 の時代からありました。学生当時の知り合いだった某くんFM-8 で使っていた影響を多々受けました。X が移植されていたりして、当時フツーの人が使える環境としては十分と言えるほど UNIX ライクでした。X68000 を使っていた頃が、1番楽しかったのかなと思ったりします。決して、Mac が買えなかったからではありませんよ( ^_^)
まぁ、当時からマイナー路線まっしぐらだったわけです。

暫くしてから手に入れたのが、ThinkPad 230CsDOS/V に影響されたことが理由の一つです。多分 230Cs は初めてのから液晶搭載サブノートではないかと思います。
この機械にも楽しませていただきました。FD 数十枚の Linux をインストールしたり、私には Linux は合わないと思い FreeBSD に出会ったり。その後、ノートPC はほぼ ThinkPad しか購入しなかったりして。240、s30、X61 と。例外は Libretto 60 と Mac 関連ですかね。

その後は PC-AT 互換機に FreeBSD がメイン環境という時代が長く続きました。今でもこの weblog を運用しているサーバは FreeBSD ですし、自宅にも2台の現役機があったりします。今となっては、クライアントとして使っているわけではありませんけど・・・

Mac をメインクライアントとして使い始めたのも FreeBSD の影響が大きいですね。フツーに Terminal や Emacs が使えることや、簡単に開発環境が手に入るって良いですよね。Mac らしい使い方ではないと自覚してはいますけど。

別に Windows を使ってないわけではありません。職場では Windows 中心ですし、各 ThinkPad には Windows もインストールされています。Mac の VMWARE Fusion には Windows 8 Developer Preview もインストールしています。ま、自宅で使ってるというわけではありませんが・・・

 

Posted: 1月 11日 2012 at 23:21 2,405 views   Tagged with:


4月 06

Mac からこの weblog を運用しているサーバにログインなどをするために、ssh を使っているのですが、これまでタブが使えるターミナルである iTerm を便利に使っておりました。iTerm2 というのもあって、これも使えないわけではないのですが、長く使ってきた iTerm の方がいろいろと馴染んでいたりします。
まぁ、特別な機能が必要なわけではなく、ssh で普通にログインできればいいだけなのです。Windows では専用のアプリケーションを用意しなければならなかったりするのでしょうが、Mac OS X であれば標準の「ターミナル」でログインできますし、iTerm のような便利なターミナルからも特別なことをしなくても利用できます。そんなところも、私が Mac に転んでしまった理由だったりします。
ま、このあたりは私の不勉強のせいで、今時の Windows であれば、フツーに出来ることなのかもしれませんけど。

そんなわけで、iTerm で ssh に困っているわけでもなんでもないのですが、FireSSH – The Free SSH Client for Mozilla Firefox なるものを試してみました。FTP クライアントとして常用している FireFTP – The Free FTP Client for Mozilla Firefox の姉妹品(?)らしく、同じように Firefox 上の一つのタブで動作するところが嬉しいところです。

「ツール」から起動すると、

といった画面が表示されますので、必要な項目を入力して接続すると、

これでもかという感じの、広い画面が嬉しいですね。SSH protocol 2 with DSA に対応しているようですので、RSA にも対応しているのでしょうね。
最低限の接続に関する設定は出来ますが、見た目はフォントやバックグラウンドの色の調整くらいしかできません。フォントの大きさくらいは調整できてもいいのになぁと思ってしまいます。使用上、不満があるわけではないのですが、このあたりは今後にちょっと期待したいですね。

で、Windows では試していないのですが、問題なく使えるのであれば、Windows 上での手軽な SSH クライアントとして期待できるものかもしれません。Windows 上で ssh を使わなければならなくなるという「もしも」のために、ThinkPad X61s には Poderosa がインストールされています。ほとんど使う場面はないのですが、Firefox 上のアドオンで済むのであれば、便利かなぁと・・・

 

Posted: 4月 6日 2011 at 6:27 4,071 views   Tagged with:


2月 24

Adobe Photoshop Lightroom 3.0 Windows/Macintosh版Amazon.co.jp が2月26日23時59分まで「72時間限定セール! アドビ商品が最大30%OFF」を行っています。

Nikon D7000 でもくっきりスッキリ出来るという Adobe Photoshop Lightroom 3.0 Windows/Macintosh版 に興味を持ってはいるのですけど、25% OFF でも ¥25,200。う〜ん、考えてしまいますねぇ。
まだ2日以上ありますから、ゆっくり考えることにします。

 

Posted: 2月 24日 2011 at 20:29 2,622 views   Tagged with:


1月 30

OpenOffice.org から派生したと紹介されている LibreOffice の初めての安定版、3.3 がリリースされました。

いろいろとごたごたはあるのかもしれませんが、安定版がリリースされて一安心といったところでしょうか。LibreOffice Productivity Suite Download » LibreOffice から、Windows、Mac、各種 Linux 用のバイナリがダウンロードできます。各国語版がひとつのインストーラに入っているのは Windows 版だけで、他のプラットフォームでは各国語用の langpack を追加する必要があります。

FreeBSD の port は用意されていないようです。OOo port に関わっておられる中田さんの立場は、

FreeBSD:LibreOffice portに関する私の立場 – 中田真秀(なかたまほ)の研究用ブログ

だそうです。http://git.etoilebsd.net/ports/tree/libreoffice など動きがないわけではないようですが、まだ普通に build できる状況ではないようです。他にも動きがあるのかもしれませんが、私は見つけることができずにおります。

 

Posted: 1月 30日 2011 at 10:38 6,008 views   Tagged with:


preload preload preload